メインメニューを開く

親父』(おやじ)は、2006年日本映画[1]主演千葉真一監督 : 千葉真一・井出良英製作チェイスフィルムエンタテインメントステレオカラー、108分。原作ビッグコミックスペリオールに連載された、もりやまつるの同名漫画[1]

親父
監督 千葉真一
井出良英
脚本 亀石太夏匡
井出良英
原作 もりやまつる
出演者 千葉真一
田中好子
斉藤慶太
北川弘美
音楽 ハマケン
関口晶大
主題歌

Tone Palette

「ありがとう」
撮影 新妻宏昭
編集 井出良英
平野一樹
製作会社 チェイスフィルムエンタテインメント
配給 チェイスフィルムエンタテインメント
公開 日本の旗 2007年8月25日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

解説編集

日本が誇る世界的アクションスターの千葉真一が、監督・主演を務めるヒューマン・ドラマ[2]。死んだはずの“親父”が帰ってきて、それぞれ家族の被っていたいくつもの難問を、大きな愛情と無敵の腕っぷしで解決していく[2][3]。威厳を発揮し、家族を守り、妻や子供たちを先導する役割を果たしていたかつての父親には[4]、なんの見返りも無い愛・偉大さ・強さが確かに存在していたことを[4]、死んだはずの“親父”が帰ってきたある家族の姿を通し、家族愛・夫婦愛そして勇気と心の絆を描いている[1][3][4]

短く切った髪に精悍な顔・日に焼けた肌・がっしりした体躯の千葉が[5]、圧倒的な存在感と百戦錬磨を潜り抜けてきた者だけが持ちうる包容力をもってして[4]、これ以上ないほどの適役である昔ながらの“親父”に扮している[3][4]。夫を亡くして以来、家族の要として働き、子供たちに深い愛情を注ぎながらも、父親の代わりにはなれないことを痛感する妻に田中好子[4]。純粋であるが故に傷つきやすく、向こうみずな青年・息子に斉藤慶太、長女には北川弘美が配役されている[4]脚本を担当した亀石太夏匡亀石征一郎の息子。福島県いわき市に建造されたオープンセットは大河ドラマ風林火山』にも使用された[6]

当初山城組の組長には浜田幸一が予定されていた[7]堀田眞三小西博之岸本祐二友情出演で、堀田は「出演オファーがきても主役がこの人?! だったら止めよう! この主演俳優だったら どんな役でもいいから出演したい。この作品は岸本君も小西君も、主役に惚れて特別出演の様だ。もちろん私も」と語っている[6][7][8]日本では2007年8月25日に封切り公開された。

キャッチコピー
あの頃。家には優しいお袋、姉貴、そして、親父がいた。まだ幼い子供だった俺の記憶は定かではないが、それはあたりまえの風景であり、幸福は何かなんて、ましてや家族の絆なんて、考えたことさえなかった。15年前に火事があった。親父を失った家族の歯車は少しずつ狂っていった。お袋は笑顔をなくし、姉貴はヤクザと結婚し、俺は転がるように暗いトンネルへと落ちていった。それが現実だった。やっぱり家族のことなんて、考えたことなどなかった。それがある夏の日。突然、“あの人”が帰ってきたのだった・・・。[4]

ストーリー編集

15年前に沼田竜道を失っていた妻・敏子、娘・洋子、息子・伸吾らの心は、バラバラのまま愛情を求め、安らぎを欲しながら、今日まで来ていた。伸吾は不良とつるみパシリとなり警察にも世話になる問題児で、結婚した洋子は夫・津川のドメスティックバイオレンスに耐えかねて実家に戻り、敏子も子供たちを心配しながら必死に生活をやりくりする、崩壊寸前の一家だった。残された親子にはそれぞれ心の穴が開いていた。大黒柱である“親父”(竜道)という穴が…。常に満たされない時を過ごした家族を再び修復させることができるのは、“親父”だけだった。生前の“親父”は数人の従業員を雇い、鍛冶屋を営み、親子4人幸せに暮らしていた。しかし地上げを狙ったヤクザたちは家を放火。“親父”は命をかけて火事から家族を守ったが、家を全焼されてしまう。“親父”は唯一人でヤクザ事務所に殴りこみをかけ、ヤクザ全員を叩きのめすが、自分も刺されて死んでいた。

盆を迎えようとしていた夏のある晩、津川が沼田家に乗り込み、洋子を強引に連れ戻そうとする。暴力を振るう津川から敏子や洋子を守ることができずに、震えている伸吾。3人の身に危険が迫ったそのとき、死んだはずの“親父”が現れた。津川を追い払った“親父”だが、突然の帰宅に戸惑いを隠せない姉弟。“親父”はこれまでの不在を埋めるように家族が抱えている問題に、全身全霊で立ち向かっていく。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 親父 - KINENOTE”. 映画ライフログサービス KINENOTE. 2012年10月26日閲覧。
  2. ^ a b 親父”. 映画データベース - allcinema. 2011年11月27日閲覧。
  3. ^ a b c 『映画』親父”. シネマトゥデイ. 2011年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 親父 - 映画作品紹介”. シネマトッピクスオンライン. 2011年11月27日閲覧。
  5. ^ 恵介 (2007年8月6日). “「親父」引退まだ早い!千葉真一の精悍な顔つき、貫禄十分”. 日本一! 365日映画コラム. J-CAST テレビウォッチ. 2011年11月27日閲覧。
  6. ^ a b 堀田眞三 (2006年7月21日). “親父 - 撮影快調!”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. 2012年3月30日閲覧。
  7. ^ a b 堀田眞三 (2006年7月26日). “いよいよ “親父” の撮影”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. 2012年3月30日閲覧。
  8. ^ 堀田眞三 (2006年7月10日). ““親父” 衣装合わせなどの打ち合わせ。”. 俳優 堀田眞三(グランパ)です。. 2012年3月30日閲覧。

外部リンク編集