メインメニューを開く

やじうま寄席』(やじうまよせ)は、日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作の演芸番組である。製作局の日本テレビでは1971年4月17日から1980年3月29日まで放送。

やじうま寄席
Korakuen Hall 2007.jpg
番組の収録が行われていた後楽園ホール
ジャンル 演芸番組
出演者 七代目立川談志
毒蝮三太夫
月の家円鏡
ほか
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
1971年12月まで
放送期間 1971年4月17日 - 1971年12月25日
放送時間 土曜 13:00 - 14:00
放送分 60分
1972年1月 - 1974年3月
放送期間 1972年1月8日 - 1974年3月
放送時間 土曜 12:30 - 13:30
放送分 60分
1974年度
放送期間 1974年4月6日 - 1975年3月29日
放送時間 土曜 12:00 - 13:00
放送分 60分
1975年度・1976年度
放送期間 1975年4月5日 - 1977年3月26日
放送時間 土曜 12:00 - 13:15
放送分 75分
1977年度・1978年度・1979年度
放送期間 1977年4月2日 - 1980年3月29日
放送時間 土曜 12:00 - 13:00
放送分 60分

目次

概要編集

前番組『円歌・談志の土曜寄席』をリニューアルした土曜昼の寄席番組。収録は、日曜夕方に放送の『笑点』と同様に後楽園ホールで行われていた。

番組は演芸のみならず、オークション大喜利といったさまざまな企画を行っていた。当初は司会の7代目立川談志タレント議員だったこともあり、当時国会議員だった石原慎太郎などを招いての政治トークも行っていたが、放送時間の繰り上げとともに徐々にお笑い中心の内容へ移行した。

放送時間編集

いずれも日本標準時

  • 土曜 13:00 - 14:00 (1971年4月17日 - 1971年12月25日)
  • 土曜 12:30 - 13:30 (1972年1月8日 - 1974年3月20日[要検証]
  • 土曜 12:00 - 13:00 (1974年4月6日 - 1975年3月29日)
  • 土曜 12:00 - 13:15 (1975年4月5日 - 1977年3月26日) - この時期のみ75分枠で放送。
  • 土曜 12:00 - 13:00 (1977年4月2日 - 1980年3月29日)

出演者編集

司会編集

レギュラー・準レギュラー編集

コーナー編集

やじうま不枠[要出典]
こんなタイトルだったかは不明[要出典]
いわゆる大喜利。別名「クイズ」。進行担当は談志で、談志の降板後には毒蝮が引き継いだ。そして最終放送時[要説明]は、メンバーに卒業証書が手渡された。
再末期[要説明]1979年頃[いつ?])に「やじうま大喜利」名義で復活したことがある。
やじうまオークション
様々な品物を観客が競り落として買うコーナー。進行担当は桂小益→小野ヤスシ。売上金は、愛の小鳩事業団(現・日本テレビ小鳩文化事業団)へ寄付された。小野の担当時期には、コーナー後半で「ぬぐぬぐバーゲン」を行っていた。これは、女性モデルがその場で衣装を脱ぎ、脱いだ衣装を観客が買うものだった。
毎年の最終放送では、オークションの他に「富籤大会」が行われた。これは、あらかじめ観客が富札を1人1枚買い(1枚100円。収益金は愛の小鳩事業団へ寄付)、その場で木札を突いて当選者を決め、賞品を与えるものだった。
やじうまフレンド
中期(1976年頃[いつ?])のコーナー。幼馴染み同士の一般老人が登場し、昔の事について話し合っていた。進行担当は青空千夜。
やじうまカンカン
「やじうまフレンド」に代わって登場。灘康次とモダンカンカンによる歌と笑いのコーナー。コーナータイトルが「やじうまパドック」に変更されていた時期もある。当初はコーナー冒頭で千夜・一夜がミニ漫才を行っていたが、これは後に廃止された。
やじうまゲバカメラ
「やじうま不枠」に代わって登場した、冒頭コーナー[要説明]。「突撃ラッパ」の音と共に始まる。様々な場所のビデオ映像を視聴。
やじうま演芸
演芸のコーナー。1978年頃までは[いつ?]2組の芸人が寄席芸を披露し、どちらが面白かったかを司会者が決めていた。末期には1組に減り、優劣決めも廃止された。その代わり、冒頭でキャッツ★アイが持ち歌の「恋の導火線」を歌った。
1976年頃には[いつ?]コーナー冒頭で、円鏡が観客を相手にかつてレギュラー出演していた『お笑い頭の体操』(TBS)もどき[独自研究?]を行っていた。
やじうまのど自慢
番組の名物コーナー。『NHKのど自慢』のパロディ。毎週5組の芸人が登場し、『のど自慢』形式で歌まねを行う。進行は円鏡、演奏は横森良造、鐘叩き役は毒蝮がそれぞれ担当。審査は談志が担当していたが、談志降板後はしばらく一般人が担当し、やがてディック・ミネと淡谷のり子が1週交代で担当した。末期に廃止された。

備考編集

  • 出演者のテロップゴシック体のものが使われていた。表示方法は、姓や前半の名が名や[要説明]後半名よりも小さく(約半分)なっていた。
  • プロ野球の開幕戦中継や日本シリーズ中継(当時はデーゲーム)がある日には、短縮放送もしくは放送休止になることがあった。

参考文献編集

日本テレビ 土曜13:00枠
前番組 番組名 次番組
円歌・談志の土曜寄席
(1970年10月 - 1971年4月)
※13:00 - 13:30
ビクター歌のパレード(第2期)
(1970年10月 - 1971年3月)
※13:30 - 14:00
やじうま寄席
(1971年4月17日 - 1971年12月25日)
やじうま寄席
(1972年1月8日 - 1974年3月)
※12:30 - 13:30
めくらのお市 再放送
※13:30 -
日本テレビ系列 土曜12:30枠
あなたとわたしの歌謡曲
※12:30 - 13:00
やじうま寄席
(1971年4月17日 - 1971年12月25日)
※13:00 - 14:00
やじうま寄席
(1972年1月8日 - 1974年3月)
やじうま寄席
(1974年4月6日 - 1975年3月29日)
※12:00 - 13:00
それいけ10円!私書箱880
(1974年4月6日 - 1974年9月28日)
※13:00 - 13:30
日本テレビ系列 土曜12:00枠
NNN土曜特集
※12:00 - 12:30
やじうま寄席
(1972年1月8日 - 1974年3月)
※12:30 - 13:30
やじうま寄席
(1974年4月6日 - 1975年3月29日)
やじうま寄席
(1975年4月5日 - 1977年3月26日)
※12:00 - 13:15
日本テレビ系列 土曜12:00枠
やじうま寄席
(1974年4月6日 - 1975年3月29日)
※12:00 - 13:00
東芝アラカルトクッキング・しあわせの味
(1974年10月 - 1975年3月)
※13:00 - 13:15
やじうま寄席
(1975年4月5日 - 1977年3月26日)
やじうま寄席
(1977年4月2日 - 1980年3月29日)
※12:00 - 13:00
ビッグサタデー
(1977年4月2日 - 1985年9月21日)
※13:00 - 14:25
日本テレビ系列 土曜12:00枠
やじうま寄席
(1975年4月5日 - 1977年3月26日)
※12:00 - 13:15
やじうま寄席
(1977年4月2日 - 1980年3月29日)
お笑いスター誕生!!
(1980年4月12日 - 1985年9月)