九代目 桂 文楽(くだいめ かつら ぶんらく、1938年昭和13年〉9月21日 - )は、落語家落語協会所属、同協会相談役。出囃子は『桑名の殿様』。本名∶武井 弘一。「桂文楽」の当代である。

九代目 かつら 文楽ぶんらく
本名 武井たけい 弘一こういち
生年月日 (1938-09-21) 1938年9月21日(83歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都台東区
師匠 八代目桂文楽
七代目橘家圓蔵
弟子 桂ひな太郎
名跡 1. 桂小益
(1957年 - 1992年)
2. 九代目桂文楽
(1992年 - )
出囃子 桑名の殿様
活動期間 1957年 -
所属 落語協会
公式サイト 九代目桂文楽ホームページ
受賞歴
文化放送賞(1981年
備考
落語協会理事
(1992年 - 2014年)
落語協会相談役
(2014年 - )

経歴編集

1957年4月八代目桂文楽に入門。師匠の本名(並河義)より一字を取り、桂小益を名乗る。

1959年二ツ目昇進。1971年12月に師匠八代目桂文楽死去、兄弟子七代目橘家圓蔵の預かり弟子となる。

1973年4月三升家勝彌橘家圓平三遊亭さん生三代目吉原朝馬柳家小のぶ柳家かゑる三升家勝二、小益、林家枝二柳家さん吉の十人で真打昇進。

1975年よりまるか食品ペヤングソース焼きそば」のコマーシャルに出演開始。その後、1992年まで17年間出演[1]した。1981年に文化放送賞受賞。

1992年9月九代目桂文楽襲名、落語協会理事に就任。2014年に相談役となる。

芸歴編集

役職編集

人物編集

東京都台東区浅草出身。タレント活動における過去の所属事務所はハブ・マーシー<。タレント活動については、現在はフリーで活動している。先代の文楽が八代目を名乗ったため、当代は九代目を名乗る。

若い時分より「四角い顔」で名を売り、テレビコマーシャルラジオ番組リポーターテレビ朝日日曜演芸会』のレギュラーなどとして活躍した。

名人であった先代と比較して陽気な芸風であり、先代と区別するために「小益文楽」などと呼ばれることもある。七代目立川談志などからは「セコ文楽」とも揶揄された[2]

上述の「四角い顔」を買われ、小益を名乗っていた頃にまるか食品より『四角い容器で焼きそばの新製品を出しますので』と依頼を受けてメーンキャラクターとして「ペヤングソースやきそば」のテレビコマーシャルに起用され、文楽を襲名する1992年まで出演していたため、CM出演終了後から年月を経ても「ペヤング」「ペヤングの人」「ペヤングのおじさん」、或いは「焼きそばの人」と呼ばれる場合もある[3]

夫人の父は、太神楽の家元2代目海老一海老蔵(海老一染之助・染太郎の師匠)である[4]

文楽襲名編集

テレビタレントとしても知名度が定着し、師匠の本名(並河益義)から一字を貰ったことへの思いから、入門以来、前座名の「桂小益」を名乗り続けており、名跡襲名は特に意識していなかった。

しかし、大看板と呼ばれる名跡が数多く塩漬け状態となっていることを危惧した席亭落語協会から文楽襲名話が持ち上がる。兄弟子に六代目三升家小勝七代目橘家圓蔵がいたが、すでに故人となっていたため、系譜から見て桂文楽を名乗るのに最も近い立場にあった。襲名を打診されてから半年程悩んだ末、1992年9月に「文楽」の名跡を継いだが、一部の落語ファンなどからは「大看板の安易な襲名だ」と批判された。

騒動が起きたことを謝罪するために落語協会会長五代目柳家小さんのもとを訪ねると、小さんからは「これからもっと辛いことがあるというのに、ここで挫けてどうする」と叱咤激励されたという。

弟子編集

出演編集

テレビ編集

映画編集

CM編集

著書編集

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 再放送の日にちより。

脚注編集

  1. ^ 後任は立川志の輔
  2. ^ ただし、『談志 最後の根多帳』(2010年、梧桐書院)では、「江戸の風」を感じる現存の落語家として真っ先に名前を挙げられている。
  3. ^ ペヤング名付け親の文楽「やっぱりこの味、このソースですよ」 スポーツニッポン 2015年6月9日閲覧
  4. ^ 「文楽でございます」(武井加津子著、2006年、ゴマブックス)の著書がある。
  5. ^ ドキュメンタリー『落語を救った男たち 天才現る!古今亭志ん朝の衝撃』がNHK BSプレミアムで6月13日放送”. amass. 2019年7月28日閲覧。

外部リンク編集