メインメニューを開く

ゆめタウン倉敷(ゆめタウンくらしき)は、岡山県倉敷市笹沖にある、株式会社イズミが運営するショッピングセンター。旧称は倉敷サブリーナタウン

ゆめタウン倉敷
youme Town Kurashiki
ゆめタウン倉敷
ゆめタウン倉敷
地図
店舗概要
所在地 710-0834
岡山県倉敷市笹沖1274-1
座標 北緯34度34分43.4秒 東経133度46分12.6秒 / 北緯34.578722度 東経133.770167度 / 34.578722; 133.770167座標: 北緯34度34分43.4秒 東経133度46分12.6秒 / 北緯34.578722度 東経133.770167度 / 34.578722; 133.770167
開業日 1979年12月12日
施設管理者 株式会社イズミ
商業施設面積 26,570 m²
店舗数 約90店
駐車台数 1300台
外部リンク ゆめタウン倉敷
youme
テンプレートを表示
サブリーナタウン 2005年7月17日撮影

目次

概要編集

ゆめタウン倉敷は、1階で一般的な食料品中心のスーパーマーケットやファーストフード店、2階で衣料品、3階で衣料品や雑貨品、書籍などを扱う。1階のスーパーマーケット部分や一部の衣料品店をイズミが出店し、その他をテナントで構成している。サブリーナタウン時代は3階に飲食店のテナントが数軒ほど営業しており、夜間は他のエリアより遅くまで営業していたが、イズミによる買収に伴うリニューアルとともに撤退した。

立地的には、国道2号岡山バイパスと市道古城池線の交差する笹沖交差点に位置し、古城池線を挟んだ真向かいにエディオン倉敷本店が、交差点を挟んで斜め向かいにザ・ビッグ倉敷店があり、大型商業施設の激戦区となっている。

歴史編集

ゆめタウン倉敷の前身である倉敷サブリーナタウン1979年に開店。店舗の施工は藤木工務店である。サブリーナタウンは当時としては数少ない地元資本による郊外型ショッピングセンターとして設立・開業した。また、近年の大手資本の郊外型ショッピングセンターと異なり、テナントの多くも地元資本の店舗が入居し、イズミは核テナントの食品スーパーであった。

以来その経営は株式会社サブリーナが行ってきたが、2008年11月にイズミがサブリーナの全株式を取得し完全子会社化、2009年7月15日に「ゆめタウン倉敷」としてリニューアルオープン、開業時から入店していたテナントのいくつかが撤退した。その後イズミは2009年9月1日付でサブリーナを吸収合併、現在はイズミ直営となっている。

主なテナント編集

 
ゆめタウン倉敷の東側の吹き抜け。ファーストフード店が集中するエリア。

外部リンク編集