メインメニューを開く

るんは風の中』(るんはかぜのなか)は、1979年に『月刊少年ジャンプ』に掲載された手塚治虫の短編読み切り漫画。総ページ数は扉絵を含め36ページ。手塚治虫漫画全集「タイガーブックス」第4巻に収録。

概要編集

思春期に経験する初恋の切なさを描いている。

1985年4月に本編25分の短編でアニメ化され、OVAとしてリリースされた(VHSでのリリース、『安達が原』と『緑の猫』を併録、ASIN B00005H583)。

2000年4月13日テレビ朝日系列にて「手塚治虫劇場」というタイトルで『ふしぎなメルモ』『カノン』と共にドラマ化された。

あらすじ編集

憂鬱な高校生活を送っている少年・アキラは、ある日、高架下の薄暗い通路で、ポスターの中の女の子に一目惚れしてしまう。彼女をポスターごと家に持ち帰ったアキラは、彼女を''るん''と名付ける。気だるい日々を送る中で、彼は唯一気の許せる存在となっていく''るん''に対する興味が尽きず、ついには''るん''そのものを探す決意をしたのだった。

登場人物編集

豊田明
主人公。高校生。根は明るいが孤独で空虚な日常を送っている中、''るん''に出会う。母はおらず父子家庭。
アニメ版では中学2年生の設定。
るん
ヒロイン。ポスターの中の少女。ポスターの中からアキラに話しかけ、やがてアキラの良き対話相手になってゆく。
''るん''という名は、''るん''が写っているポスターに書かれていたキャッチコピーに由来している。''るん''のポスターはもともとはコーヒーのポスターで、広告コピーとして「五人いるんです! 家中みんながネスコ・コーヒー党なのです!」と書かれていた。アキラがポスターから余計な部分を切り取る時に、「いるんです」の「るん」が目に止まったことから名付けられた。
三輪南平
著名な商業デザイナー。十数年前に撮影された''るん''の写真をコーヒーのポスターとして使った人物で、当時中学3年だった''るん''を現在は妻としている。アキラの訪問を受け、''るん''のポスターが作られたいきさつをアキラに説明し、現在の''るん''をアキラに引き合わせる。
三輪南平夫人
現在の''るん''。ポスターの''るん''の写真が撮影された頃から十数年経過しており、品のよい小太りの中年女性の容姿で描かれている。
三輪克子
三輪南平の娘。ポスターの中の''るん''、つまり三輪南平夫人のかつての容姿にそっくり。終幕近く、アキラのもとを訪ねてくる。

その他、脇役として教師役にノラキュラ。手塚作品におけるスター・システムの定型通り、嫌味なキャラクターでアキラをいじめる。アキラの父親はセリフのみの登場で、容姿は描かれていない。

オリジナルアニメ版編集

キャスト編集

スタッフ編集

テレビドラマ版編集

2000年代に合わせるため、原作ではポスターという設定をインターネットで見つけた画像写真という形で物語が始まる。

テレビドラマ版キャスト編集

単行本編集

収録作品:
モンモン山が泣いてるよ
ヤジとボク
0次元の丘
るんは風の中
女郎蜘蛛
お常
収録作品:
雨ふり小僧
るんは風の中
モモンガのムサ
四谷快談
山太郎かえる
ミューズとドン

外部リンク編集