わが愛しのマリアンヌ

わが愛しのマリアンヌ』(わがいとしのマリアンヌ)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。月組[1]公演。

本公演における併演作品は『ボーイ・ミーツ・ガール[1]

公演期間と公演場所編集

ストーリー編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページを参照[2]

17世紀フランス喜劇作家・モリエールの諸作品から、笑いの要素を取り入れて作ったコメディ。

大金持ちだがケチで有名なアルバゴンの息子であるクレアントは、人気スターのマリアンヌが好き。クレアントは父にマリアンヌを紹介すると、アルバゴンは彼女に一目惚れをし、自分の嫁にしたいと言い出す。そこへ恋敵のヴァレール中尉までやってくる・・・。南フランスの観光地・ニースを舞台に三つ巴の恋愛模様を描いた作品。

主な配役編集

宝塚大劇場公演のデータ編集

形式名は「ミュージカル・コメディ[2]」。15場[2]

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 145、215.
  2. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 145.
  3. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 295.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 215.
  5. ^ a b c d e f g 100年史(人物) 2014, p. 196.
  6. ^ a b c d e f g 100年史(人物) 2014, p. 197.

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0