太田 哲則(おおた てつのり、1945年 - )は、元宝塚歌劇団所属の演出家兵庫県西宮市出身[1]

略歴編集

1968年、関西学院大学社会学部を卒業し、宝塚歌劇団に就職する[1]

1979年、宝塚大劇場「カリブの太陽」で演出家デビューする[1]。海外留学を経て、その後歌劇団で海外の文芸作品や都会風のコメディを手がける。

1986年より宝塚音楽学校の演劇講師を務め、大阪音楽大学大阪芸術大学でも講師を務め指導に当たっている。

2005年、12月宝塚歌劇団を退職した。

宝塚歌劇団での作品編集

大劇場公演編集

その他の公演編集

  • バウ・ミュージカル・プレイ『虹の橋』(1980年 星組 宝塚バウホール 主演:大浦みずき
  • バウ・ミュージカル『ボン・ボヤージュ!』(1982年 花組 宝塚バウホール 主演:高汐巴)
  • バウ・ミュージカル『恋のトリコロール』(1983年 雪組 宝塚バウホール 主演:杜けあき)
  • バウ・ミュージカル・プレイ『ロジャースビル物語』(1984年 花組 宝塚バウホール 主演:翼悠貴幸和希
  • バウ・ミュージカル・コメディ『不思議なカーニバル』(1986年・1988年 花組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:瀬川佳英、幸和希)
  • バウ・ファンタジー『グリーン・スリーブス』(1987年 星組 宝塚バウホール 主演:麻路さき)
  • バウ・ミュージカル『レッドヘッド』(1988年 雪組 宝塚バウホール・青山劇場 主演:杜けあき)
  • バウ・ミュージカル『シチリアの風』(1989年・1990年 星組 宝塚バウホール・簡易保険ホール 主演:日向薫)
  • バウ・ミュージカル『ボンジュール・シャックスパー!』(1992年 月組 宝塚バウホール 主演:汐風幸
  • バウ・ミュージカル・ファンタジー『ハロー、ジョージ!』(1992年・1993年 星組 宝塚バウホール・日本青年館 主演:麻路さき)
  • バウ・ミュージカル・コメディ『マンハッタン物語』(1993年 月組 宝塚バウホール・日本青年館、愛知厚生年金会館 主演:久世星佳
  • バウ・ミュージカル・ファンタジー『アロー!アロー!キャメロット』(1994年 花組 宝塚バウホール 主演:海峡ひろき
  • バウ・ミュージカル・コメディ『アリスの招待状-チェシャ猫ホテルへようこそ-』(1996年 雪組 宝塚バウホール 主演:高嶺ふぶき
  • バウ・ミュージカル『嵐が丘』(1997年 雪組 宝塚バウホール / 1998年 宙組 日本青年館、愛知厚生年金会館 主演:和央ようか
  • バウ・ミュージカル・ロマン『Elegy 哀歌』(1997年 星組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:稔幸
  • バウ・ワークショップ『THE FICTION』(1998年 雪組 宝塚バウホール 主演:轟悠
  • バウ・ワークショップ『The Wonder Three』(1999年 雪組 宝塚バウホール 主演:安蘭けい成瀬こうき朝海ひかる
  • 『プロヴァンスの碧い空』(1999年・2001年 月組 シアタードラマシティル テアトル銀座 主演:紫吹淳
  • バウ・ミュージカル・コメディ『トム・ジョーンズの華麗なる冒険』(2000年 花組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:匠ひびき
  • バウ・ミュージカル・コメディ『フィガロ!』(2001年 宙組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:水夏希
  • バウ・ミュージカル・コメディ『ホップ スコッチ-Hopscotch 石けり-』(2002年 雪組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:立樹遥壮一帆音月桂
  • バウ・ミュージカル『二都物語』(2003年 花組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:瀬奈じゅん
  • バウ・ミュージカル『送られなかった手紙』(2004年 雪組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:壮一帆)
  • バウ・ミュージカル『それでも船は行く』(2005年 星組 宝塚バウホール 主演:涼紫央柚希礼音
  • バウ・ミュージカル『不滅の恋人たちへ』(2006年 宙組 宝塚バウホール 主演:大和悠河

イベントの構成・演出編集

  • 『アデュー・東京宝塚劇場 -宝塚 我が心のふるさと-』(1997年 東京宝塚劇場)*共同演出

脚注編集

  1. ^ a b c 演出家 太田哲則:すみれの園を創る人たち”. www.sankei.co.jp. 2021年9月25日閲覧。
  2. ^ 1988年に地方公演で再演(主演:日向薫)
  3. ^ 1996年に全国ツアーで再演

外部リンク編集