アウグスト・デ・ブラガンサ

アウグスト・デ・サクセ=コブルゴ=ゴタ・イ・ブラガンサAugusto de Saxe-Coburgo-Gotha e Bragança, Duque de Coimbra, 1847年11月4日 - 1889年9月26日)は、ポルトガルの王族。ブラガンサ家(ブラガンサ=コブルゴ家)の成員[1]。女王マリア2世とその王配フェルナンド2世の間の第五王子。

アウグスト・デ・サクセ=コブルゴ=ゴタ・イ・ブラガンサ
Augusto de Saxe-Coburgo-Gotha e Bragança
コインブラ公
Infante D. Augusto de Bragança (c. 1867-1877) - C. da Rocha.png
在位 1875年 - 1889年

出生 (1847-11-04) 1847年11月4日
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国リスボン
死去 (1889-09-26) 1889年9月26日(41歳没)
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国、リスボン
埋葬 ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国ブラガンサ王室霊廟英語版
家名 ブラガンサ=コブルゴ家
父親 フェルナンド2世
母親 ポルトガル女王マリア2世
テンプレートを表示

生涯編集

正式な洗礼名はアウグスト・マリア・フェルナンド・カルルシュ・ミゲル・ガブリエル・ハファエル・アグリコラ・フランシスコ・デ・アシス・ゴンザーガ・ペドロ・デ・アルカンタラ・ロヨラ(Augusto Maria Fernando Carlos Miguel Gabriel Rafael Agrícola Francisco de Assis Gonzaga Pedro de Alcántara Loyola)。

王家の末子だったが、1861年冬に長兄ペドロ5世、三兄ベージャ公ジョアン、四兄フェルナンドコレラに罹って相次いで早世すると、新王に即位した次兄ルイシュ1世の唯一の弟として王位の推定相続人に指名され[2]、1863年ルイシュ1世に長男カルロス王太子が誕生するまでその地位にあった。

1875年コインブラ公に叙爵された他、父方の血統からザクセン=コーブルク=ゴータ公子及びザクセン公爵の称号も有した[3]。ポルトガル陸軍に所属し、師団長を務めた。1889年独身のまま41歳で死去、遺体はブラガンサ王室霊廟英語版に安置された。

引用・脚注編集

  1. ^ 1944年版『ゴータ年鑑英語版』ではザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ公家の男系男子として記載されている。しかし、1838年ポルトガル憲法(1838 Portuguese constitution)第1章第1条第5項では「最も静穏なるブラガンサ家こそがポルトガルの統治者家門であり、同家は女王マリア2世陛下の人格[法人格・自然人格]を通じて継続される」と定められていた。そのため、マリア2世とフェルナンド2世の子孫は、公式にはブラガンサ家に属する形となった。
  2. ^ The Gentleman's Magazine. 1862. p. 223 
  3. ^ Almanach de Gotha. (1888). p. 61