アカネテンリュウ

アカネテンリュウとは、日本競走馬である。1969年菊花賞の優勝馬で、同年の最優秀4歳馬牡馬(馬齢表記は数え)。同期はトウメイ天皇賞有馬記念)・ダイシンボルガードダービー)・リキエイカン(天皇賞)・メジロアサマ(天皇賞・安田記念)・ワイルドモア皐月賞)等。主戦騎手は丸目敏栄。後に星野信幸スピードシンボリの主戦騎手として有名な野平祐二も、アカネテンリュウに騎乗して目黒記念(秋)を制している。

アカネテンリュウ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1966年4月30日
死没 1985年1月15日(20歳没・旧表記)
チャイナロック
ミチアサ
生国 日本の旗 日本北海道三石町
生産 大塚牧場
馬主 関野栄一[1]
調教師 橋本輝雄東京)
競走成績
生涯成績 36戦13勝
獲得賞金 1億4260万2100円
テンプレートを表示

目次

戦績編集

主な勝ち鞍は、菊花賞アメリカジョッキークラブカップ東京新聞杯セントライト記念日本経済賞・目黒記念(秋)。有馬記念2年連続2着で、菊花賞を優勝した後の有馬記念ではスピードシンボリを追い詰める2着、翌年の有馬記念ではダテテンリュウ(菊花賞優勝直後)とスピードシンボリと3頭の壮絶な叩きあいで再度2着となった。

春シーズンは下級馬であったが、夏の函館から「戦後最大の上がり馬」と形容されるほど急成長した。当時はしばしば上がり馬の事を「アカネテンリュウの再来」と表現された。菊花賞は直線で大きく内外を蛇行しながら勝利した。2着には翌春の天皇賞勝ち馬リキエイカンが入った。

アカネテンリュウは道悪馬場も得意であり、条件付ながらも重馬場巧者のラファール(不良馬場の安田記念を制した牝馬)に勝利した事もあった。また、斤量負けする馬でもなく、最後の勝利となった東京新聞杯とオープン(3回)を60キログラム以上の斤量で勝利した。因みに、競走名の付いていないオープンクラスの競走は、サラ系平地競走では1983年まで施行されていた競走で、有力馬が調整目的で出走する事も多く、負担重量の軽減と経験を積ませる目的で、見習騎手(斤量を減らせる特典[2]がある)が騎乗する事も少なくなかった。有力馬を尻目にオープン競走で勝利を重ねる馬も居て、コーヨー(1972年馬インフルエンザの影響で福島で代替開催された関東の金杯勝利馬)やヤマブキオーの様な馬を指す、いわゆるオープン大将という言葉が存在していた[3]

古馬になってからは、天皇賞に出走したが全て敗退、挑戦した4回の内の3回が同期の馬(リキエイカン・メジロアサマ・トウメイ)の優勝であった。長距離に適性があったが、1800メートルの中山記念トウショウピットトウショウボーイの半兄・パーソロン産駒)に差されはしたものの、2着の実績もある。父チャイナロックの産駒はタケシバオーハイセイコーのような500キログラムを超える巨漢馬が活躍したが、アカネテンリュウは470キロ前後の中型馬であった。

なお、長らくコンビを組んでいた丸目騎手は、1971年日本経済賞[4]で落馬して重傷を負い、以後は星野騎手や野平祐騎手のいずれかが騎乗した。

引退後編集

1972年の天皇賞・春を最後に引退し、種牡馬として日本軽種馬協会那須種馬場に寄贈された。だが、国内産種牡馬不遇時代故に最後まで結果を出せずに終わった。代表産駒は条件馬のアカネリウオー。僅か19頭の産駒しか出せなかったメジロアサマ・牝馬故に年1頭しか産駒を出せないトウメイが、共に重賞馬を2頭出した(しかも両者共に天皇賞馬を出した)のとは対照的な結果であったが、下総種馬場の方針で種牡馬実績の割には冷遇されなかったのが唯一の救いであった。1985年1月14日に腸閉塞を発症し、翌日死亡した。

血統表編集

アカネテンリュウ血統ハイペリオン系/Gainsborough 4×5=9.38%、Cicero、Wood Daisy 5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

* チャイナロック
China Rock
1953 栃栗毛
父の父
Rockfella
1941 黒鹿毛
Hyperion Gainsborough
Selene
Rockfel Felstead
Rockliffe
父の母
May Wong
1934 栗毛
Rustom Pasha Son-in-Law
Cos
Wezzan Friar Marcus
Woodsprite

ミチアサ
1960 黒鹿毛
* ヒンドスタン
Hindostan
1946 黒鹿毛
Bois Roussel Vatout
Plucky Liege
Sonibai Solario
Udaipur
母の母
プレイガイドクイン
1949 黒鹿毛
* ダイオライト
Diolite
Diophon
Needle Rock
ウェッディングラス * シアンモア
第弐ウェッディングサーフ F-No.16-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

注釈編集

  1. ^ 関野は、戦後の鉄道模型界に名を残したメーカー『アカネモデル』の創業者でもあった。
  2. ^ 現在ではオープンクラスは特別競走もしくは重賞競走だけになっているので、見習騎手による減量の恩恵は受けられない。障害競走では平場戦が残っているため、重賞勝ち馬でも見習騎手による減量の恩恵は受けられるが、中山グランドジャンプ・中山大障害の勝馬は平場戦ではほとんどの競走で5キロ以上多く背負わされるため、出走できる競走は限られるので、調整目的で平地競走に出走する例が見られる。
  3. ^ 当時は、八大競走では縁が無いが、ハンデ戦の重賞競走や平場オープンなど軽いレースでは活躍するような馬を指した。
  4. ^ 奇しくも、前年はアカネテンリュウが勝利していた。

外部リンク編集