メインメニューを開く

アクアトレイン』とは、bayfm2005年10月7日から2018年11月30日まで放送されていた、Aqua Timezのレギュラーラジオ番組である。

アクアトレイン
ジャンル トーク
放送方式 録音
放送期間 2005年10月7日-2018年11月30日
放送時間 毎週金曜日23:30-23:57(27分)
放送局 bayfm
パーソナリティ Aqua Timez
テンプレートを表示

概要編集

毎週金曜 23:30 - 23:57放送。ストリーミングは放送翌日の土曜0時更新(金曜深夜)。時間帯によっては聞くことができない場合がある(放送時間中〈金曜23:30-24:00〉の間、接続開始時のみ)。番組内のBGMや楽曲は権利上流すことはできないが、時間の都合でカットされた未放送(トーク)部分を長めにしている。

オンエア楽曲は、主にAqua Timezの曲がかかることが多いが、時々メンバーがセレクトした楽曲が流れることもある。 毎月1回「リクエストスペシャル」と題して、リスナーからリクエストされたAqua Timezの曲をメインにオンエアする回がある。定期的に新コーナーを作るが、「team AQUA拡大計画」以外、途中から作られたコーナーは長期間続いたことはないという(当番組内での発言より)。

ゲストが来ている場合は、前半にプロフィール紹介、2週に続く場合には、番組のコーナー(例:「早口言葉」「mayukoと太志の恋愛相談」など)をゲストと交えて参加している。そして1週のみまたは2週目の後半では、ゲストの曲やアルバム紹介となっている。

お便りメールを読まれたリスナーには番組特製ステッカーをプレゼントしていたが、放送10周年を迎えた2015年10月より、そのお便りに対するメンバーからのお返事メッセージになった。プレゼントを送付するため、メールにはラジオネーム(番組内の名称:アクアネーム)の他に、本名、住所を記入する必要がある(ストリーミングで読まれたリスナーも対象)。

パーソナリティー編集

Aqua Timez

元メンバーのアビコがいたときは太志とアビコ、アビコ脱退後は太志とOKP-STAR、2008年以後は太志と、他のメンバー2人のローテーションとなっている。

シングルやアルバムの発売が近い日や年末年始の放送は、メンバー全員で出演することが多い。

なお、2018年4月27日放送分から最終回までは、メンバー全員で出演している。

番組の歴史編集

  • 2005年10月7日 放送開始。第1回の音源は、録音データ破損のため存在しない[1]。番組初期は太志とアビコがレギュラーパーソナリティーを務め、他メンバーはゲストとして不定期で出演していた。
  • 2006年3月31日 この日の放送をもってアビコが番組を卒業。4月から太志とOKP-STARがレギュラーパーソナリティーを務める。
  • 2007年3月9日 太志が急性声帯炎のため番組を欠席。この日から4月6日放送分までは他メンバー4人、4月13日・20日放送分はOKP-STAR・TASSHI・大介がパーソナリティーを務めた。
  • 2008年4月19日 「DECKS TOKYO BAY STUDIO」にて、番組初の公開録音を行う[2]。この日の模様は、シングル「」の発売日の翌日にあたる、5月9日に放送された。
  • 2011年3月11日 東日本大震災の影響により放送休止。それに伴い、3月中の放送及びストリーミング配信も休止した。
    • 4月1日 放送再開。
  • 8月26日 番組初にして、一度限りの生放送を行う。この時の模様は最終回のストリーミング放送でも配信された。
  • 2018年1月5日 番組公式Twitter開設。
  • 2018年10月20日 番組公式Twitterで、11月30日の放送をもって終了することを発表[3][4]
  • 2018年11月30日 最終回放送。「最後なので、最初を聴き直してみよう!」と題し、メンバーそれぞれが初登場した回の音源(太志は前述の理由のため、2005年11月放送分)を流し、13年間の思い出を振り返った。

コーナー編集

現在のコーナー編集

マイノリティーハッピー(mayuko進行)
「こんなことに幸せを感じるのって私だけ?」という、少数派な幸せを感じる瞬間について送ってもらうコーナー。
早口言葉(大介進行)
リスナーから送られてきた早口言葉にメンバーが挑戦するコーナー。「teamAQUA拡大計画」の次に長く続くコーナーであり、太志いわく「このコーナーが終わったらアクアトレインも終わる」という[5]。毎年新年1回目(または年度始め)の放送では「早口言葉グランプリ」を行い、前年最も難しかった早口言葉を決める。その際、メンバー各々で選出された早口言葉に挑戦し、言えなかったメンバーは罰ゲームを受ける。
teamAQUA拡大計画
リスナーからのメールを紹介する、いわゆる「ふつおた」のコーナー。現在募集しているものでは、唯一番組開始から続くコーナーである。2007年度までは「teamAQUA〇〇(〇〇には放送年が入る)」というタイトルだった。
mayukoと太志の恋愛相談(mayuko・太志進行)
リスナーの恋愛に関する悩みに、mayukoと太志、およびその他のメンバーが答えていくコーナー。その後の経過についてのメールは、「報告のコーナー」で紹介される。

過去のコーナー編集

もしもAquaが○○だったらシリーズ(もしもAquaが・・・)(TASSHI進行)
Aqua Timezのメンバーを、様々なものや人物などに例えてもらうコーナー。TASSHIの出演回数が少ないため、一時最終回となったが、「みんなに愛されてきたコーナーだった」として、2009年3月27日に復活した。2014年12月19日放送分をもって終了。
変な校則(TASSHI進行)
2016年11月4日の放送で新コーナーとして発表。学校に実際に存在する、珍しい校則について送ってもらうコーナー。2017年10月27日放送分をもって終了。
教えて業界用語(TASSHI進行)
2016年11月4日の放送で新コーナーとして発表。様々な職種で使われる専門用語について、クイズ形式で紹介していくコーナー。OKP-STARはこのコーナーを特に気に入っていた。
大人の条件って何?(mayuko進行)
2016年11月4日の放送で新コーナーとして発表。リスナーが考える、「大人」の条件について送ってもらうコーナー。
方言自慢のコーナー(太志進行)
日本各地の方言を紹介するコーナー。
略語のコーナー(太志進行。「リバイバル」ではmayuko進行)
リスナーが普段使っている略語を、クイズ形式で紹介する。後に「略語のコーナーリバイバル」として復活した。
オープニングクイズ(太志進行)
リスナーから投稿されたクイズに、メンバーが挑戦するコーナー。難易度付けがされており、その難易度とクイズの正解数によって太志が他メンバーやゲストにハワイ旅行や世界一周旅行をプレゼントする、ということになっている。
「いただきます!」のコーナー(給食のコーナー)
給食にまつわる思い出やその地域限定の給食メニューについて送ってもらうコーナー。
「ありがとう・ごめんなさい」のコーナー(太志・mayuko進行)
普段は言えない感謝や謝罪のメッセージをラジオを通して伝えるコーナー。

エピソード編集

2010年5月14日放送分にて、手術を控えた少年の父親から「彼に何かメッセージを送ってほしい」という内容のメールが届いた。その際太志は「元気になって絶対ライブで会う」という約束のもと、メッセージの代わりにその少年に向けて曲を作ることを宣言した。そうした経緯で作られたのが「風に吹かれて」(13thシングル「真夜中のオーケストラ」、4thフルアルバム「カルペ・ディエム」収録曲)である[6]

ゲスト編集

脚注編集

外部リンク編集