メインメニューを開く

アサダアツシ(あさだあつし 生年月日不明)は日本脚本家放送作家

目次

人物編集

奈良県出身。大学卒業後、「国家試験や資格がいらない」と言う理由から放送作家を目指す。自らテレビ局に連絡して企画を持参し売り込む。キー局民放各社に営業するがなかなか相手にされず、最後に訪れたフジテレビの、当時『カノッサの屈辱 (テレビ番組)』のプロデューサーだった桜井郁子氏に認められ、『TVブックメーカー』のネタ出し作家となる。放送作家として正式なデビュー作は1992年10月放映開始の『ウゴウゴルーガ[1]である。以後、ドラマバラエティからアニメ漫画原作まで幅広い作品を手掛ける。これまで手がけてきた仕事の大半は、企画から立案している。映画に関する知識も豊富で『映画秘宝』『観ずに死ねるか!』などでライターとしても活躍。他に、近年はデビューからフリーランスだった経験を語るトークイベントにも参加している。

代表作編集

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

TV番組編集

TVドラマ編集

映画編集

アニメ編集

漫画原作編集

ラジオ編集

イベント編集

脚注編集

外部リンク編集