アジア・アフリカ諸国大学

アジア・アフリカ諸国大学(アジア・アフリカしょこくだいがく)はロシアモスクワ国立大学群の中の大学の一つで、1956年に創立された[1]。IAASともいう。

沿革編集

1956年、「東洋語大学」として創立。日本語中国語インド語ペルシア語東南アジア言語・モンゴル語朝鮮語学科など。日本語コースはN.パユソフが主任であった。

1962年、「日本語学科」が「極東東洋語学科」から独立。初代学科長はI.ゴロヴニン教授(1997年に旭日章を受賞)。

1972年、現在の校名に改称。

1995年裏千家の茶室が開かれる。

2013年、ロシアで最初の「東洋学博物館」が開館。

2014年、日本語学科が「国際交流基金賞」を受賞。[2]

学科編集

アジア言語編集

中国語日本語朝鮮語ベトナム語モンゴル語タイ語ビルマ語フィリピン語ペルシア語パシュトー語アラビア語トルコ語ヘブライ語サンスクリット語ヒンディー語ウルドゥー語ダリ語クメール語(カンボジア語)、マレーシア語など

アフリカ言語編集

スワヒリ語ハウサ語アムハラ語アフリカーンス語フラニ語

学位編集

文献学(「アジアアフリカ言語文学」)、歴史政治学経済学:研究所の卒業生は、4つのプロファイルのいずれかで、「アジア・アフリカ研究」というで卒業証書が授与される。

日本語学科の主な卒業生編集

研究者

  • A.メシャリコフ
  • L.エルマコワ
  • V.モロディャコフ
  • D.ストレリツォフ - 「ロシア日本研究者協会」の会長

外交官

翻訳家

脚注編集