アスランベク・アスラハノフ

アスランベク・アフメドヴィチ・アスラハノフ: Асламбек Ахметович АслахановAslambek Akhmedovich Aslakhanov1942年3月11日 - )は、ロシアチェチェン共和国政治家警察官僚ロシア内務省退役大将。チェチェン選出のロシア連邦議会下院国家会議代議員。

アスランベク・アスラハノフ
Асламбек Ахметович Аслаханов
Aslambek Aslahanov.jpg
アスランベク・アスラハノフ(2012年12月26日撮影)
生年月日 1942年3月11日
出身校 ハリコフ教育大学
前職 警察官
称号 ロシア内務省退役大将、赤星勲章

選挙区 チェチェン共和国
在任期間 1990年 -
テンプレートを表示
プーチン大統領(左、当時)と面会するアスラハノフ(左)、2000年8月29日

1967年ハリコフ教育大学を卒業し、警察官となる。1988年ハイジャック事件で人質解放に成功し、赤星勲章を受章。1990年ロシア人民代議員最高会議代議員に選出された。当時は同郷のルスラン・ハズブラートフ率いる最高会議とボリス・エリツィン大統領は対立状態にあったが、アスラハノフはエリツィンを支持していた。1990年ロシア内務省を退官し、ジョハル・ドゥダーエフを支持していたが、徐々に対立し、離反した。1992年イングーシ共和国暫定行政長官。チェチェン紛争では停戦交渉の当事者として尽力した。2003年から2004年までウラジーミル・プーチン大統領補佐官を勤めた。2004年ベスラン学校占拠事件では武装勢力との交渉に当たった。

フリースタイルのレスリング柔道サンボのマスターである。

外部リンク編集