アスリ諸語(Aslian languages)はマレー半島で話されるオーストロアジア語族に属す言語群である。マレー半島の先住民、オランアスリによって話されている。アスリ諸語の母語話者は5万人で、全て消滅の危機に瀕している。マレーシア当局によって認識されているアスリ諸語は KensiuKintaqJahaiMinriqBatekCheq WongLanohTemiarSemaiJah HutMah MeriSemaq BeriSemelaiTemoq[2]である。

アスリ諸語
話される地域マレー半島タイ南部
言語系統オーストロアジア語族
  • アスリ諸語
下位言語
Glottologasli1243[1]

歴史と起源編集

アスリ諸語はもともとマレー半島の山地の西側に分布しており、その後東進してクランタン州トレンガヌ州パハン州に至った[3]。アスリ諸語に最も近縁なのはモン諸語ニコバル諸語である[4]。初期のモン諸語とニコバル諸語の話者は、はるか北からマレー半島に移住してきた集団と接触した可能性がある。

アスリ諸語は現在はマレー半島から消えてしまった言語集団からの借用語が存在する。そのような集団の存在は、この地域の文化に継承される語源学や考古学的な証拠から辿ることができる。 en:Roger Blench (2006)[5] は、アスリ諸語にはボルネオ諸語チャム諸語からの借用語が多く存在し、マレー半島の前駆集団としてボルネオ諸語とチャム諸語の話者が存在したと記している。

Blagden (1906)、[6] Evans (1937)、[7] そして Blench (2006)[5]は、アスリ諸語、特に北アスリ諸語は、現在するどの言語族にも起源を辿ることができない単語を多数含んでいると記している。消滅したen:Kenaboi language (ヌグリ・スンビラン州の言語)も、オーストロネシア語族やオーストロアジア語族起源の単語の他に、多くの起源不明な単語を含んでいる。

脚注編集

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Aslian”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/asli1243 
  2. ^ Geoffrey Benjamin (1976) Austroasiatic Subgroupings and Prehistory in the Malay Peninsula Jenner et al Part I, pp. 37–128
  3. ^ Asmah Hji Omar (volume editor), 2004. 'Aslian languages', 'Aslian: characteristics and usage.', The encyclopedia of Malaysia, volume 12: Languages and literatures, Kuala Lumpur. Archipelago Press, pp. 46–49
  4. ^ Blench, R. (2006): Why are Aslian speakers Austronesian in culture Archived February 21, 2011, at the Wayback Machine.. Paper presented at the Preparatory meeting for ICAL-3, Siem Reap.
  5. ^ a b Blench, Roger. 2006. Why are Aslian speakers Austronesian in culture? Papers presented at ICAL-3, Siem Reap, Cambodia.
  6. ^ Blagden, C. O. 1906. ‘Language.’ In: W. W. Skeat and C. O. Blagden, Pagan races of the Malay Peninsula, volume 2, London: MacMillan, pp. 379-775.
  7. ^ Evans, I. H. N. 1937. The Negritos of Malaya. London: Frank Cass.