メインメニューを開く
大語族(仮説) > 語族 > 語派 > 語群 >  > 方言

語族(ごぞく、: Language family[1]とは、比較言語学上、同一の起源(祖語)から派生・発達したと認められる同系統の言語の集まり。語族の下位群を語派、語派の下位群を語群という。

同系統と証明されていない言語群をまとめて呼ぶときは「~諸語」という(例:アルタイ諸語アメリカ・インディアン諸語カフカス諸語)。ただし、語族か語派か語群かを問題にしないときも単に「~諸語」と言うことがある。また複数の語族をまとめた大語族も存在するが、仮説段階であり同系と証明されてはいない。したがって、比較言語学において語族とは同系統と証明されている最上位の言語グループと定義される。

語族は民族共同体)を指すのではなく、言語を系統学的に分類する概念であるが、民族を分類する場合にも言語の分類(語族、語派)が基準にされることが多い。(例:テュルク系民族ウラル系民族

語族の祖先として想定される単一の言語を祖語という。

語族の一覧編集

 
世界の主要語族
詳細はDistribution of languages in the worldを参照


含まれる言語数からみた語族

エスノローグ18版による:
  1. ニジェール・コンゴ語族 (1,538言語) (20.6%)
  2. オーストロネシア語族 (1,257言語) (16.8%)
  3. トランス・ニューギニア語族 (480言語) (6.4%)
  4. シナ・チベット語族 (457言語) (6.1%)
  5. インド・ヨーロッパ語族 (444言語) (5.9%)
  6. オーストラリア語族 (378言語) (5.1%)
  7. アフロ・アジア語族 (375言語) (5.0%)
  8. ナイル・サハラ語族 (205言語) (2.7%)
  9. オト・マンゲ語族 (177言語) (2.4%)
  10. オーストロアジア語族 (169言語) (2.3%)
  11. タイ・カダイ語族 (95言語) (1.3%)
  12. ドラヴィダ語族 (85言語) (1.1%)
  13. トゥピ語族 (76言語) (1.0%)

語族特異的な遺伝子編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 「族」という漢字のイメージから、日本では語族と言うと「ある言語を話す民族部族」だと誤解する者が少なくない。しかし実際には上記の通り、語族とは英語の language family の訳語であり、言語の分類の体系であり、語族それ自体は遺伝や血縁とは直接の関係はない(今日、アメリカ合衆国アフリカ系の国民が日常的にインド・ヨーロッパ語族に属する英語を使用しているという事実を見れば明らかである)。ある遺伝子を持った集団がある言語を話しており、その集団が移動することによってある言語の使用範囲が広がるといった現象は確かにあるが、言語学者が言語を語族に分類するにあたり、遺伝子を参考にするようなことはない。 逆に、ある民族とある民族が共にある語族に属する言語を話しているからといって、その民族の民族性や文化などが同じだとか類似しているとかいう証拠にはならないし、また、ある民族とある民族が別の民族性を持っていることを主張したいがためにその言語も別の語族に違いないと決めつけるような言説も意味をなさない。仮にそのような言説があったとしても、それは主に文化人類学の方面から行われるものであって言語学とは無関係であり、それによって言語学者が分類を変えるようなこともない。
  2. ^ 崎谷満(2009)『DNA・考古・言語の学際研究が示す 新・日本列島史』勉誠出版
  3. ^ 崎谷満(2009)『DNA・考古・言語の学際研究が示す 新・日本列島史』p229 勉誠出版