この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

アダイ・ハーンモンゴル語: Адай хаанᠠᠳᠠᠶ
ᠬᠠᠭᠠᠨ
 英語:Adai Khan、1390年[1] - 1438年)は、モンゴル帝国の第26代(北元としては第12代)大ハーン漢文資料では阿台と表記される。

アダイ
Адай хаан
ᠠᠳᠠᠶ
ᠬᠠᠭᠠᠨ
モンゴル帝国第26代皇帝(大ハーン
Адай хаан 1400-1438.jpg
在位 1425年 - 1438年
戴冠式 1425年

全名 アダイ・ハーン
出生 1376年
死去 1438年
配偶者 オルジェイト皇后妃子
家名 ボルジギン氏
父親 オルク・テムル・ハーン
テンプレートを表示

生涯編集

北元の第8代大ハーン・オルク・テムルの子[2]モンゴル語年代記蒙古源流』には、チンギス・カンの末弟であるテムゲ・オッチギンの子孫と記されている[3]。また、ティムール朝の君主ウルグ・ベクが著した歴史書『四ウルス史』と、それに基づく史料ではクビライの弟アリクブケの子孫と伝えられている[4]

オイラダイ・ハーンの死後、1425年にアスト部の有力者アルクタイによってアダイがハーンに擁立された。1431年オイラトトゴン・タイシとの戦いに敗れ、本拠地のケルレン川流域部を追われる。1434年にアルクタイが敗死した後、トゴンによって大ハーンに擁立されたトクトア・ブハの攻撃を受け、部下のドルジ・ベク(朶児只伯)と共にエチナ路に逃れた。

アダイたちは表面上はに帰順していたが、その実甘州涼州に侵入して略奪を行っていた[5]。1438年にアダイとドルジ・ベクは明軍にウルグナ(兀魯乃)で敗れ、追撃を受けて砂漠に退却した。150人の族長が明軍の捕虜となり、アダイたちは明に降伏した。降伏して間もなくアダイはトクトア・ブハに敗れ、捕殺された[5]

脚注編集

  1. ^ 岡田『モンゴル帝国から大清帝国へ』、272頁
  2. ^ 岡田『モンゴル帝国から大清帝国へ』、66頁
  3. ^ 岡田『モンゴル帝国から大清帝国へ』、251頁
  4. ^ 岡田『モンゴル帝国から大清帝国へ』、253頁
  5. ^ a b 『騎馬民族史 正史北狄伝』3巻、17頁

参考文献編集