メインメニューを開く

アダマイト

鉱物
アダム鉱から転送)

アダマイト(adamite、アダム石アダム鉱水砒亜鉛鉱)は砒酸塩鉱物の一種で、組成はZn2(AsO4)(OH)。名前はフランス鉱物学ジルベール・アダムに由来する。

アダマイト
アダマイト
分類 ヒ酸塩鉱物
化学式 Zn2(AsO4)(OH)
結晶系 斜方晶系
へき開 完全
断口 貝殻状
モース硬度 3.5
光沢 ガラス光沢
黄色、緑色、青、ピンク色、クリーム色、(稀に紫色や無色)
条痕 白色または薄い緑色
比重 4.3~4.5
蛍光 レモンイエロー
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

斜方晶系に属する。色は主に黄色、緑色(を含むため)で、稀に紫色や無色のものを産する。条痕色は白または薄い緑。比重4.4、硬度3.5。ルミネセンスの性質を有する。クリーム色のものはレモンイエロー色に発光する。しかしそれに熱を加えると発光しなくなってしまう。微量なコバルトを含むピンク色や紫色のもの、銅を含む青色や緑色のものはそれらの元素が発光を妨げるため、蛍光を示さない。

多くは孔雀石方解石とともに生成される。メキシコギリシャフランスが産地として有名。最初に発見されたのはチリである。日本では宮崎県土呂久鉱山見立鉱山などで僅かに採れた。また、メキシコではドゥランゴ州オハエラ鉱山で各種のアダム鉱がとれる。アメリカではネバダ州カリフォルニア州で採れる。

アダマイトの亜鉛が銅に置き換わるとオリーブ銅鉱(Cu2(AsO4)(OH))に、二価マンガンイオンに置き換わるとイヴ石英語版(Mn2+2(AsO4)(OH))となる(アダマイトの「アダム」に対して「イヴ」にちなみ命名された)。また、アダマイトのヒ酸リン酸に置き換わるとターブット石英語版(Zn2(PO4)(OH))となる。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集