メインメニューを開く

アトラス・エンターテインメント: Atlas Entertainment)は米国の映画ファイナンス及び製作企業。チャールズ・ローヴェンとドーン・スティールによって1995年に設立された[1]

Atlas Entertainment
種類 非公開企業
本店所在地 ロサンゼルス
設立 1995
業種 映画
事業内容 モーション・ピクチャ- 製作、ファイナンス
主要子会社 アトラス・アーティスト
関係する人物

チャールズ・ローヴェン

ドーン・スティール
テンプレートを表示

目次

歴史編集

2014年12月、アトラスは同社の管理子会社の「アトラス・アーティスト」を設立し、デイブ・フレーミングが率いることになった[2]

チャールズ・ローヴェンとリチャード・サックルは2013年の映画『アメリカン・ハッスル』を製作し、両プロデューサーはアカデミー作品賞にノミネートされた[3] 。アトラスもまたハッスル以降に映画も製作し『The Whole Truth』をサックルが担当した一方、『ウォークラフト』(2016年6月10日公開)と『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年3月25日公開)はローヴェンが担当した[4][5]。「アンチャーテッド」もアトラスとアラド・プロダクションによって製作される[6]

映画編集

テレビ編集

参考文献編集

外部リンク編集