メインメニューを開く

解説編集

ヴィム・ヴェンダース監督の1987年の映画ベルリン・天使の詩』の大幅なリメイクである。

プロデューサードーン・スティールDawn Steel)が、脳腫瘍のため公開前の1997年12月20日に51歳で亡くなったことから、終了後のクレジットタイトルにおいてFor Dawn(字幕は「ドーン・スティールにささぐ」)と記されている。

あらすじ編集

死を告げる天使であるセスは、ある日、ロサンゼルス外科医マギーが、患者の命を懸命に救おうとする姿に惹かれ、一目惚れする。マギーは見えないはずの自分をしっかりと見つめていたという。患者の死に自責の念にかられるマギーの前に、天使の掟を破り姿を現したセスはマギーと接するうちにより深くマギーを愛するようになる。そしてマギーもまた徐々にセスに惹かれて行く。ヘミングウェイの『移動祝祭日』(A Moveable Feast)が仲を取り持つ。しかし天使のままでは彼女を真に愛することができないことにセスは思い悩む。

そんなある日、セスはマギーの患者メッシンジャーと出会う。メッシンジャーは元天使で、自分もかつて人間の女性(現在の妻)に恋をして天使をやめたことを語る。マギーはセスがポラロイドに写っていないし、血を出さないことを不思議に思う。マギーの不眠症にも付き合ってくれる。マギーが同僚から求婚される。

セスはメッシンジャーに教えられた通り、建築中のビルから飛び降りて人間になる。赤い血を流し、痛みを感じる人間の身体に喜ぶセスは、ヒッチハイクでマギーのいる別荘にやって来る。そんなセスをマギーは受け入れ、遂に2人は結ばれる。幸せを感じる2人だが、喜びもつかの間、自転車で買い物に出かけたマギーが事故に遭って重体に。「天使を見ちゃいけない」というが、亡くなる。嘆き悲しむセスだったが、かつての仲間であった天使カシエルに、たとえ一夜でも人間として愛する人と過ごせて幸せだった、永遠の命を捨てても悔いはないと語り、このまま人間として生きて行くことを決意する。

登場人物編集

セス
演 - ニコラス・ケイジ、日本語吹替 - 小山力也
天使。
マギー・ライス
演 - メグ・ライアン、日本語吹替 - 山崎美貴
外科医。
カシエル
演 - アンドレ・ブラウアー、日本語吹替 - 石塚運昇
天使。セスの仲間。
ナサニエル・メッシンジャー
演 - デニス・フランツ、日本語吹替 - 阪脩
マギーの患者。
ジョーダン・フェリス
演 - コルム・フィオール、日本語吹替 - 森田順平
マギーの恋人。外科医。

オリジナルとの違い編集

脚注編集

  1. ^ City of Angels (1998) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年4月24日閲覧。
  2. ^ a b City of Angels (1998)” (英語). Box Office Mojo. 2011年4月24日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)576頁

外部リンク編集