アトランティックリーグ

アトランティック・リーグ・オブ・プロフェッショナル・ベースボールAtlantic League of Professional Baseball)は、アメリカ合衆国で活動するプロ野球独立リーグ

アトランティックリーグ
競技プロ野球
開始年1998年
参加チーム10
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
前回優勝レキシントン・レジェンズ(2021年)
公式サイトwww.atlanticleague.com

概要編集

1998年に設立され、同年からリーグ戦を行なっている。1999年までは6チーム制であったが、2000年からは8チーム制でリーグを開催。北地区、南地区の二つの地区に分かれており、かつては北地区をフリーダム・ディヴィジョン、南地区をリバティ・ディヴィジョンと呼称していた。

独立リーグの中では最も成功し、最もレベルが高いリーグであると評されており、元メジャーリーガーが所属したり、逆にシーズン中にMLB球団とマイナー契約(復帰)を果たす例が多く存在する[1]。またリッキー・ヘンダーソンティム・レインズのリーグ所属経験者2名がアメリカ野球殿堂入りを果たしている[2]

2020年9月23日に「MLBパートナーリーグ」に認定され、今後はMLBの支援・協力の元で運営されることになった[3]

2022年は10球団でリーグが開催される。

試合ルールの変更編集

2019年3月、メジャーリーグベースボールと試合に関するルールの変更をテストするための業務提携契約を結んだ[4]

同年7月のシーズン後半戦から、「ロボット審判」(コンピューターがストライク、ボールを判定する)や「一塁盗塁」(全てのカウントにおいて振り逃げが可能)などの新ルールを導入[5]

2021年4月14日、今シーズン開幕から「先発投手の降板時に指名打者制を解除する」、シーズン後半戦から「投手プレートを1フィート(≒30cm)後ろに下げる」ことを提携先のMLBが発表した[6]

2022年1月13日、投手プレートを通常の距離に戻し、ストライクの自動判定も取りやめると発表した[7]

リーグ構成球団編集

  • 2022年シーズン
地区 チーム 英名 参加年 本拠地
北地区 ランカスター・バーンストーマーズ Lancaster Barnstormers 2005  ペンシルベニア州ランカスター
ロングアイランド・ダックス Long Island Ducks 2000  ニューヨーク州セントラルアイスリップ英語版
サザンメリーランド・ブルークラブス Southern Maryland Blue Crabs 2008  メリーランド州ウォルドーフ
スタテンアイランド・フェリーホークス英語版 Staten Island FerryHawks 2022  ニューヨーク州スタテンアイランド
ヨーク・レボリューション York Revolution 2007  ペンシルベニア州ヨーク
南地区 ガストニア・ハニーハンターズ英語版 Gastonia Honey Hunters 2021  ノースカロライナ州ガストニア
ハイポイント・ロッカーズ英語版 High Point Rockers 2019  ノースカロライナ州ハイポイント
レキシントン・レジェンズ Lexington Legends 2021  ケンタッキー州レキシントン
チャールストン・ダーティーバーズ Charleston Dirty Birds 2021  ウェストバージニア州チャールストン
ケンタッキー・ワイルドヘルス・ゲノムス英語版 Kentucky Wild Health Genomes 2022  ケンタッキー州レキシントン[注釈 1][8]

かつて加盟していた球団編集

チーム 英名 参加年 脱退年 本拠地 備考
ナシュア・プライド Nashua Pride 1998 2005  ニューハンプシャー州ナシュア カナディアン・アメリカン・リーグへ移籍
アトランティックシティ・サーフ Atlantic City Surf 1998 2006  ニュージャージー州アトランティックシティ →カナディアン・アメリカン・リーグへ移籍
ニューアーク・ベアーズ Newark Bears 1998 2010  ニュージャージー州ニューアーク →カナディアン・アメリカン・リーグへ移籍
ニューバーグ・ブラックダイヤモンズ Newburgh Black Diamonds 1998 1998  ニューヨーク州ニューバーグ →リーハイバレー・ブラックダイヤモンズに名称変更
リーハイバレー・ブラックダイヤモンズ Lehigh Valley Black Diamonds 1999 2001  ペンシルベニア州クエーカータウン →ペンシルベニア・ロード・ウォーリアーズに名称変更
アバディーン・アーセナル Aberdeen Arsenal 2000 2000  メリーランド州アバディーン
ペンシルベニア・ロード・ウォーリアーズ Pennsylvania Road Warriors 2002 2004 本拠地無し →ロード・ウォーリアーズに名称変更
ロード・ウォーリアーズ Road Warriors 2006 2011 本拠地無し →2018年、2020年にも活動[注釈 2]
カムデン・リバーシャークス Camden Riversharks 2001 2015  ニュージャージー州カムデン
ブリッジポート・ブルーフィッシュ Bridgeport Bluefish 1998 2017  コネチカット州ブリッジポート
ニューブリテン・ビーズ New Britain Bees 2016 2019  コネチカット州ニューブリテン
サマセット・ペイトリオッツ Somerset Patriots 1998 2020  ニュージャージー州ブリッジウォーター マイナーリーグニューヨーク・ヤンキース傘下AA級)へ移籍
シュガーランド・スキーターズ Sugar Land Skeeters 2012 2020  テキサス州シュガーランド →マイナーリーグ(ヒューストン・アストロズ傘下AAA級)へ移籍

チャンピオンシリーズ編集

  • 両ディビジョンの優勝チーム同士で、「アトランティックリーグ・チャンピオンシリーズ」(Atlantic League Championship Series)が行なわれる。
開催年 ノース・ディビジョン 成績 サウス・ディビジョン
1998年 ブリッジポート・ブルーフィッシュ 1-3 アトランティックシティ・サーフ
1999年 ブリッジポート・ブルーフィッシュ 3-0 サマセット・パトリオッツ
2000年 ナシュア・プライド 3-0 サマセット・パトリオッツ
2001年 ニューアーク・ベアーズ 2-3 サマセット・パトリオッツ
2002年 ブリッジポート・ブルーフィッシュ 0-3 ニューアーク・ベアーズ
2003年 ナシュア・プライド 2-3 サマセット・パトリオッツ
2004年 ロングアイランド・ダックス 3-0 カムデン・リバーシャークス
2005年 ナシュア・プライド 0-3 サマセット・パトリオッツ
2006年 ブリッジポート・ブルーフィッシュ 0-3 ランカスター・バーンストーマーズ
2007年 ニューアーク・ベアーズ 3-1 サマセット・パトリオッツ
開催年 リバティ・ディビジョン 成績 フリーダム・ディビジョン
2008年 カムデン・リバーシャークス 1-3 サマセット・パトリオッツ
2009年 サザンメリーランド・ブルークラブス 1-3 サマセット・パトリオッツ
2010年 ブリッジポート・ブルーフィッシュ 0-3 ヨーク・レボリューション
2011年 ロングアイランド・ダックス 1-3 ヨーク・レボリューション
2012年 ロングアイランド・ダックス 3-2 ランカスター・バーンストーマーズ
2013年 ロングアイランド・ダックス 3-2 サマセット・パトリオッツ
2014年 シュガーランド・スキーターズ 0-3 ランカスター・バーンストーマーズ
2015年 サザンメリーランド・ブルークラブス 1-3 サマセット・パトリオッツ
2016年 ロングアイランド・ダックス 0-3 シュガーランド・スキーターズ
2017年 ロングアイランド・ダックス 0-3 ヨーク・レボリューション
2018年 ロングアイランド・ダックス 2-3 シュガーランド・スキーターズ
2019年 ロングアイランド・ダックス 3-2 シュガーランド・スキーターズ
2020年 開催中止
開催年 ノース・ディビジョン 成績 サウス・ディビジョン
2021年 ロングアイランド・ダックス 2-3 レキシントン・レジェンズ

日本人選手編集

投手
  • 田島俊雄(ニューアーク・ベアーズ、1999)
  • 谷口功一(ニューアーク・ベアーズ、2000→アトランティックシティ・サーフ、2001)
  • 今関勝(ブリッジポート・ブルーフィッシュ、2001 - 2003)
  • マック鈴木(サザンメリーランド・ブルークラブス、2009)
  • 大家友和(ブリッジポート・ブルーフィッシュ、2014)
  • 渡辺俊介(ランカスター・バーンストーマーズ、2014)
  • 久保康友(シュガーランド・スキーターズ、2018)
  • 風張蓮(ケンタッキー・ワイルドヘルス・ゲノムス、2022 - )
内野手
  • 宮川一彦(ニューアーク・ベアーズ、2000)
  • 仁志敏久(ランカスター・バーンストーマーズ、2010)
  • 梶本勇介(ランカスター・バーンストーマーズ、2014)
  • 藤原強史(ニューブリテン・ビーズ、2017)
  • 安田裕希(サザンメリーランド・ブルークラブス、2018)
外野手
  • 田中一徳(ヨーク・レボリューション、2007 - 2008)
  • 吉田大祐(サザンメリーランド・ブルークラブス、2009 - 2011)
  • 坪井智哉(ランカスター・バーンストーマーズ、2014)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ レキシントン・レジェンズと同一の本拠地を使用する。
  2. ^ 球団数が奇数の年のみ散発的に結成されるチーム

出典編集

  1. ^ 宮寺匡広 (2019年9月25日). “ロボット審判導入で話題。アメリカ独立リーグの選手給料とレベルは?”. web Sportiva. 2021年12月30日閲覧。
  2. ^ R.J.Anderson (2021年8月26日). “How MLB pushed back the Atlantic League mound and pushed fed-up players to the brink of a work stoppage”. CBSSports.com. 2021年12月30日閲覧。
  3. ^ 独立Lのアトランティックを初のパートナー認定/MLB”. サンケイスポーツ (2020年9月24日). 2021年12月30日閲覧。
  4. ^ MLB's Experimental Rule Changes for 2019 Atlantic League Include Moving Mound Back, Banning Shifts”. SPORTS ILLUSTRATED (2019年3月8日). 2020年7月7日閲覧。
  5. ^ 「一塁盗塁」「ロボット審判」米独立リーグで実施へ”. 日刊スポーツ (2019年7月11日). 2020年7月7日閲覧。
  6. ^ 独立リーグで新ルール 先発の投球回増やす” (2021年4月15日). 2021年4月30日閲覧。
  7. ^ 米独立L、ストライクの自動判定など取りやめ 選手から不満続出”. 日刊スポーツ (2022年1月14日). 2022年1月15日閲覧。
  8. ^ CAMERON DRUMMOND (2022年2月11日). “The Kentucky Wild Health Genomes are here. Here’s how and why they exist.”. Lexington Herald Leader. 2022年2月19日閲覧。

外部リンク編集