アムリトサルパンジャブ語: ਅੰਮ੍ਰਿਤਸਰヒンディー語: अमृतसर英語: Amritsar)はインドの都市。パンジャーブ州に属する。人口は約100万人。アムリットサルアムリッツァー(英語読み)とも表記される。 またサンスクリット語で「生命の水の貯水池」という意味がある。

アムリトサル
ਅੰਮ੍ਰਿਤਸਰ, अमृतसर, Amritsar
夜のハリマンディル・サーヒブ
夜のハリマンディル・サーヒブ
位置
アムリトサルの位置(パンジャーブ州内)
アムリトサル
アムリトサル
アムリトサル (パンジャーブ州)
アムリトサルの位置(インド内)
アムリトサル
アムリトサル
アムリトサル (インド)
座標 : 北緯31度38分24秒 東経74度51分36秒 / 北緯31.64000度 東経74.86000度 / 31.64000; 74.86000
行政
インドの旗 インド
  パンジャーブ州
  アムリトサル県
 市 アムリトサル
市長 Shawet Singh Malik
地理
面積  
  市域 50 km2
標高 218 m
人口
人口 (2009年現在)
  市域 1,194,740人
その他
等時帯 IST (UTC+5:30)
公式ウェブサイト : www.cityamritsar.com

地勢・産業編集

土地が肥沃であり農業が発展しているほか、織物業・化学工業も盛んである。近隣の都市としては、約50キロ西にパキスタンラホールが位置している。

歴史編集

16世紀後半にシク教の信徒によって建てられた街である。1604年、スィク教の総本山であるハリマンディル・サーヒブ (ਹਰਿਮੰਦਰ ਸਾਹਿਬHarmandir Sahib) が建てられた(19世紀初頭に屋根が金箔で覆われたことから、現在はゴールデン・テンプルまたは黄金寺院という通称が定着している)。

 
アムリトサルにおける虐殺の記念碑

植民地時代の1919年には、逮捕令状なしでの破壊活動容疑者の逮捕・投獄を認めたローラット法に抗議する大暴動が発生して、インド軍の治安部隊が投入された。その直後、非武装の抗議集会が開かれたが、インド軍が発砲し、多くの市民が殺害された。この事件はアムリトサル事件、アムリトサル虐殺事件などと称される[1]

戦後、インディラ・ガンディー首相がスィク教徒の反政府勢力に対して強硬策をとった結果、ハリマンディル・サーヒブに立てこもった1000人以上のスィク教徒を武力鎮圧した(ブルースター作戦黄金寺院事件ともいう[2])。この時の死傷者は数百人にものぼった。これに対する報復として、スィク教徒のボディガードらによってインディラ・ガンディー首相はまもなく暗殺された。

交通編集

空港編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集