アリックス・ド・リュクサンブール

アリックス・ド・リュクサンブール:Alix de Luxembourg:Alix vu Lëtzebuerg, 1929年8月24日 - 2019年2月11日)は、ルクセンブルク大公国の大公女で、ベルギー貴族のリーニュ公アントワーヌの妻。全名はアリックス・マリー・アンヌ・アントニア・シャルロット・ガブリエル(Alix Marie Anne Antonia Charlotte Gabrielle)。

アリックス・ド・リュクサンブール
Alix de Luxembourg

出生 (1929-08-24) 1929年8月24日
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクコルマー=ベルクベルク城
死去 (2019-02-11) 2019年2月11日(89歳没)
ベルギーの旗 ベルギーエノー州ブロイユフランス語版
配偶者 リーニュ公アントワーヌ
子女 一覧参照
父親 フェリックス・ド・ブルボン=パルム
母親 ルクセンブルク女大公シャルロット
テンプレートを表示

略歴編集

ルクセンブルク女大公シャルロットとその夫君でパルマ公ロベルト1世の息子であるフェリックスの間の末娘として生まれた。1931年、ルクセンブルク発行の切手には、まだ幼いアリックスの姿がモデルになっている。1950年8月17日にルクセンブルク市において、リーニュ公ボードゥアンの長男アントワーヌと結婚し、7人の子女をもうけた。

2013年9月に挙式したルクセンブルクのクレア妃が当日に着用したウェディングティアラは、アリックスが過去に着用したものである。

2019年2月11日、エノー州ブロイユフランス語版にあるリーニュ公の居城にて死去。89歳没[1]

子女編集

  • ミシェル・シャルル・ウジェーヌ・マリー・ラモラル(1951年 - ) - リーニュ公
  • ウォティエ・フィリップ・フェリズ・マリー・ラモラル(1952年 - )
  • アンヌ=マリー・ジャンヌ・イザベル(1954年 - ) - 1981年、Olivier Mortgatと結婚
  • クリスティーヌ・マリー・エリザベート(1955年 - ) - 1981年、ブラジル皇子アントニオ・ジョアンと結婚
  • ソフィー・レオンティーヌ・シャルロット・マリー・ガブリエル(1957年 - ) - 1982年、フィリップ・ド・ニコライ伯爵と結婚
  • アントワーヌ・ラモラル・シャルル・ジョゼフ・マリー(1959年 - )
  • ヨランド・マリー・ガブリエル(1964年 - ) - ヒューゴ・タウンゼンド(ピーター・タウンゼンドの息子)と結婚

脚注編集

外部リンク編集