メインメニューを開く

アルフレッド大王』(原題:Alfred the Great)は、1969年制作のイギリスの映画

アルフレッド大王
Alfred the Great
監督 クライヴ・ドナー
脚本 ジェームズ・R・ウェッブ
ケン・テイラー
原作 エリナー・シプリー・ダケット
製作 バーナード・スミス
出演者 デヴィッド・ヘミングス
音楽 アレックス・トムソン
撮影 レイモンド・レッパード
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 イギリスの旗
日本の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 イギリスの旗 1969年7月14日
日本の旗 1969年10月18日
上映時間 122分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $6,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $197,788[2]
テンプレートを表示

9世紀イングランド七王国ウェセックス王で、デーン人の侵攻から国を守ったアルフレッド大王を描いた歴史映画

タイトルは『英国最大の戦い アルフレッド大王』との表記もある。

目次

あらすじ編集

870年ヴァイキングデーン人イングランドに侵攻し、その大部分を支配下に治め、その難を免れたのは最南の王国ウェセックスだけとなっていた。

やがて、そのウェセックスもデーン人の侵攻にさらされるが、国王のエゼルレッドは病弱で、軍隊の士気も上がらなかった。そこで重臣のアセルスタンは、王の弟で勇敢なアルフレッド(のちのアルフレッド大王)に抗戦の指揮を依頼する。

聖職に就こうと思っていたアルフレッドだったが、アッサー牧師の口添えもあって、その依頼を引き受けた。アルフレッドの指揮のもと、ウェセックス軍はデーン人を撃退。それを聞いた隣国の王ビューラドは、ウェセックスと力を合わせて戦おうと、娘のエールスウィズを伴ってやって来た。アルフレッドはエールスウィズと恋に落ちた。

やがて王位についたアルフレッドはデーン人との休戦を策し、エールスウィズを人質に送った。しかし、やがて劣勢に陥ってしまう。

アルフレッドは野盗の首領ロジャーの助けを得て、エールスウィズと息子を救い出した。これに怒ったグートルムは直ちに軍勢を率い、アルフレッドも貴族や野盗を統合して最後の決戦に臨む。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Reisfeld, Bert (1968年9月6日). “Pageant of 'Alfred' Unfolds in Ireland”. Los Angeles Times (Los Angeles): p. e16 
  2. ^ "U.S. Films' Share-of-Market Profile", Variety, 12 May 1971 p 179
  3. ^ これが映画デビュー作品。

外部リンク編集