アルブレヒト (ザクセン=アイゼナハ公)

アルブレヒト(4世)ドイツ語:Albrecht (IV.), 1599年7月27日 - 1644年12月20日)は、ザクセン=アイゼナハ公(在位:1640年 - 1644年)。

アルブレヒト
Albrecht
ザクセン=アイゼナハ
在位 1640年 - 1644年

出生 (1599-07-27) 1599年7月27日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ザクセン=ヴァイマル公領、アルテンブルク
死去 (1644-12-20) 1644年12月20日(45歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ザクセン=アイゼナハ公領、アイゼナハ
配偶者 ドロテア・フォン・ザクセン=アルテンブルク
父親 ザクセン=ヴァイマルヨハン2世
母親 ドロテア・マリア・フォン・アンハルト
宗教 キリスト教ルター派
テンプレートを表示

生涯

編集

アルブレヒトは、ザクセン=ヴァイマルヨハン2世ドロテア・マリア・フォン・アンハルトの七男として生まれた。成人した男子としては4番目にあたる。

アルブレヒトは元帥フリードリヒ・フォン・コスポトから最初に教育を受けた。その後、兄弟と共にイェーナ大学で学んだ。

1619年から1621年にかけて、弟ヨハン・フリードリヒと共にグランドツアーに出かけ、フランスを訪れた[1]

1621年に帰国した後、アルブレヒトは1626年まで統治に専念し、また、不在の兄弟たちの摂政として統治を行った。

1633年6月24日にヴァイマルにおいて、ザクセン=ヴァイマルフリードリヒ・ヴィルヘルム1世の娘で従姉妹にあたるドロテア・フォン・ザクセン=アルテンブルクと結婚した[1]。しかし2人の間に子供は生まれなかった。

アルブレヒトは兄弟と締結した分割条約に従い、1640年にアイゼナハを受け取った[1]。アルブレヒトはその4年後に死去し、その領地は1645年に兄弟で分割された[1]

脚注

編集
  1. ^ a b c d August Beck (1875), “Albrecht, Herzog von Sachsen-Eisenach” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 1, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 319