アルベルト・フラム

アルベルト・フラム(Albert Flamm、1823年4月9日 - 1906年3月28日)はドイツの画家である。イタリアの風景を描いた絵画で知られる。

アルベルト・フラム
Albert Flamm
Albert Flamm.jpg
生誕1823年4月9日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ケルン
死没1906年3月28日
ドイツの旗 ドイツ国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 デュッセルドルフ

略歴編集

ケルンに生まれた。1836年から1838年までデュッセルドルフ美術アカデミーアントウェルペン王立芸術学院で建築を学ぶが、絵画に転じた。再びデュッセルドルフでアンドレアス・アッヒェンバッハの元で学んだ。アッヒェンバッハの弟の画家、オスヴァルト・アッヒェンバッハと親友となり、2人は一緒に写生旅行で各地を旅した。ライン川や、アール川、モーゼル川流域を旅した後、1845年に初めてイタリアに旅し[1]、1850年から1853年に再びイタリアに滞在した。イタリアではスイス生まれでローマに滞在していた画家のアルノルト・ベックリンと過ごし、その後カンパーニャ・ロマーナなどの景勝地、イタリア半島南部、ナポリを旅した[2]

その後も何度も2人はイタリアを訪れ、イタリアの風景画家として高い評価を得た。

1848年にデュッセルドルフに作られた芸術協会「マルカステン」の創立メンバーとなった[3]。個人美術教師として教え初め、1861年にノルウェーの画家、ミュンテ(Ludvig Munthe:1841-1896)やアメリカのハウランド(Alfred Cornelius Howland:1838-1909)を教え[4]、後にスウェーデン生まれの女性画家、イェンナ・バウク(Jeanna Bauck)や[5][6]アメリカのキース(William Keith)も教えた。

デュッセルドルフ美術アカデミーの教授となったオスヴァルト・アッヒェンバッハのもとで1870年から美術アカデミーで教え始め、教えた学生にはボクマン(Gregory von Bochmann)がいる。

デュッセルドルフの出版社の経営者の娘アンナ・アルンツ(Anna Arnz)と1860年に結婚した。オスヴァルト・アッヒェンバッハもアンナの姉妹と結婚し、2人は義理の兄弟となった。アンナとの間の息子、カール・フラムは肖像画家となり、もう一人の息子オズヴァルトは造船技術者となり、ベルリン工科大学の学長を務めた[7]

作品編集

脚注編集

  1. ^ Bettina Baumgärtel: Chronik der Düsseldorfer Malerschule 1815–2011. In: Bettina Baumgärtel (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819-1918. Band 1, Michael Imhof Verlag, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, S. 361
  2. ^ Bettina Baumgärtel: Chronik der Düsseldorfer Malerschule 1815–2011. In: Bettina Baumgärtel (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819-1918. Band 1, Michael Imhof Verlag, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, S. 363
  3. ^ Sabine Herder: Anz & Comp. Eine lithographische Anstalt zwischen Theater und Künstlerschaft. In: Bettina Baumgärtel (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819-1918. Band 1, Michael Imhof Verlag, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, S. 286
  4. ^ Bettina Baumgärtel (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819-1918. Band 1, Michael Imhof Verlag, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, S. 366, 432
  5. ^ Bettina Baumgärtel: Chronik der Düsseldorfer Malerschule 1815–2011. In: Bettina Baumgärtel (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819-1918. Band 1, Michael Imhof Verlag, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, S. 367
  6. ^ Jochen Schmidt-Liebich: Lexikon der Künstlerinnen 1700–1900. K. G. Saur Verlag, München 2005, ISBN 3-598-11694-2. S. 38 (アルベルト・フラム, p. 38, - Google ブックス, abgerufen am 28. Juni 2017).
  7. ^ Rudolf Vierhaus (Hrsg.): Deutsche Biographische Enzyklopädie. 2. Ausgabe, K. G. Saur Verlag, München 2006, ISBN 978-3-598-25030-9, S. 370 (アルベルト・フラム, p. 370, - Google ブックス, abgerufen am 28. Juni 2017).

参考文献編集

  • Flamm, Albert. In: Friedrich von Boetticher: Malerwerke des neunzehnten Jahrhunderts. Beitrag zur Kunstgeschichte. Band I, Dresden 1891, S. 310 f.
  • Ulrich Thieme, ed. (1916), [Textarchiv – Internet Archive "アルベルト・フラム"] |url=の値が不正です。 (説明), Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. (ドイツ語), Leipzig: E. A. Seemann, Band 12: Fiori–Fyt, p. 70
  • Lexikon der Düsseldorfer Malerschule, Bd. 1.