メインメニューを開く

アレクサンドラ・ヴィクトリア・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク

アレクサンドラ・ヴィクトリア・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルクAlexandra Viktoria von Schleswig-Holstein-Sonderburg-Glücksburg, 1887年4月21日 - 1957年4月15日)は、プロイセン王子アウグスト・ヴィルヘルムの妻。全名はアレクサンドラ・ヴィクトリア・アウグステ・レオポルディーネ・シャルロッテ・アマーリエ(Alexandra Viktoria Auguste Leopoldine Charlotte Amalie)。

アレクサンドラ・ヴィクトリア
Alexandra Viktoria
グリュックスブルク家
Princess Alexandra Victoria.jpg
アレクサンドラ・ヴィクトリアと息子のアレクサンダー・フェルディナント
出生 (1887-04-21) 1887年4月21日
ドイツの旗 ドイツ帝国シュレースヴィヒ=ホルシュタイン、グリュンホルツ
死去 (1957-04-15) 1957年4月15日(69歳没)
フランスの旗 フランスリヨン
配偶者 プロイセン王子アウグスト・ヴィルヘルム
  アルノルト・リューマン
子女 アレクサンダー・フェルディナント
父親 グリュックスブルク公爵家家長フリードリヒ・フェルディナント
母親 カロリーネ・マティルデ・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=アウグステンブルク
テンプレートを表示

生涯編集

グリュックスブルク公爵家の家長フリードリヒ・フェルディナントと、アウグステンブルク公爵家家長で名目上のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公であるフリードリヒ8世の娘カロリーネ・マティルデの間の次女として、シュレースヴィヒ=ホルシュタインのグリュンホルツで生まれた。

1908年10月22日にベルリンにおいて、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の四男アウグスト・ヴィルヘルム王子と結婚した。アレクサンドラとアウグスト・ヴィルヘルムは互いの母親が姉妹の従兄妹同士で、アレクサンドラは伯母であり姑でもあるアウグステ・ヴィクトリア皇后の大のお気に入りであった。夫妻の間には一人息子のアレクサンダー・フェルディナント(1912年 - 1985年)が生まれた。

夫婦仲は良好と思われたが、アレクサンドラはドイツ革命後の1920年にアウグスト・ヴィルヘルムと離婚した。その後、1922年1月7日にアルノルト・リューマンと再婚したが、リューマンとも1933年に離婚している。

アレクサンドラは1957年、フランスリヨンで亡くなった。