メインメニューを開く

アレクサンドル・フロポーニン

アレクサンドル・ゲンナジエヴィチ・フロポーニンロシア語: Александр Геннадьевич Хлопонин、ラテン文字転写の例:Alexander Gennadyevich Khloponin1965年3月6日 - )は、ロシア実業家政治家ロシア連邦副首相北カフカース連邦管区大統領全権代表。

アレクサンドル・フロポーニン
Александр Геннадьевич Хлопонин
Alexander Khloponin.jpg
アレクサンドル・フロポーニン(2010年1月20日撮影)
生年月日 (1965-03-06) 1965年3月6日(54歳)
出生地 スリランカの旗 スリランカコロンボ
前職 ノリリスク・ニッケル会長

在任期間 2010年1月19日 - 2014年5月12日

在任期間 2002年10月3日 - 2010年1月19日

在任期間 2001年2月21日 - 2002年10月3日
テンプレートを表示
ウラジーミル・プーチン(右)と会談するアレクサンドル・フロポーニン(2002年3月22日撮影)

経歴・概要編集

スリランカコロンボ出身。財政学の学位を有する。ノリリスク・ニッケル社取締役会長を経て、2001年タイミル自治管区知事に就任する。[1] 選挙戦は同じく実業家のアレクサンドル・ウースとの間に行われ、48パーセントを獲得し当選した。[2]2002年アレクサンドル・レーベジクラスノヤルスク地方知事が事故死すると、後任のクラスノヤルスク地方知事に2002年10月から就任する。[3]

2002年週刊誌『エキスパート・マガジン』で, パーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。

2010年1月19日ドミートリー・メドヴェージェフ大統領によって南部連邦管区から分離、新設された北カフカース連邦管区の大統領全権代表に任命された。併せてロシア連邦政府第2次ウラジーミル・プーチン内閣副首相にも任命された[4][5]

2012年5月21日ドミートリー・メドヴェージェフ内閣でも留任した。2014年5月12日に北カフカース大統領全権代表を退任。

脚注編集

外部リンク編集