メインメニューを開く

アレクサンドル・ヴェデルニコフ (バス歌手)

アレクサンドル・フィリポヴィチ・ヴェデルニコフ: Александр Филиппович Ведерников、Aleksandr Filippovich Vedernikov、1927年12月23日 モキノ - 2018年1月9日 モスクワ)はソビエト連邦ロシアオペラ歌手バス)。ボリショイ劇場ソリストソ連人民芸術家1976年授与)、ソビエト連邦国家賞受賞者。同名の息子アレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮者となりボリショイ劇場の音楽監督を務めた。

アレクサンドル・フィリポヴィチ・ヴェデルニコフ
出生名 Александр Филиппович Ведерников
生誕 (1927-12-23) 1927年12月23日
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国、ヴャトカ県(現キーロフ州)モキノ
死没 (2018-01-09) 2018年1月9日(90歳没)
ロシアの旗 ロシアモスクワ
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック
職業 歌手
レーベル メロディア
共同作業者 ボリショイ劇場
ルースカヤ・オペラ劇場

目次

概要編集

ヴャトカ県(現在のキーロフ州)モキノ村に生まれる。1955年モスクワ音楽院を卒業し、キーロフ歌劇場(マリインスキー劇場)のソリストとなる。1956年ベルリンで開催されたロベルト・シューマン国際音楽コンクールに出場し優勝している。1958年にボリショイ劇場へ移り、1990年までのおよそ30年間、ソリストとして活躍した。1960年から1961年にかけては、イタリアミラノスカラ座へ研修のため派遣されている。2006年から2009年までボリショイ劇場で歌唱指導を行い、2008年からはルースカヤ・オペラ劇場(Театр «Русская опера»)の芸術監督を務めた。

ロシア・オペラの主要なバス役をレパートリーにするとともに、コンサート歌手としても活躍、特にゲオルギー・スヴィリードフの作品の積極的な紹介者であり、演奏会で取り上げるだけでなく、録音にも数多く参加している。この他、ショスタコーヴィチオラトリオ森の歌』は録音・映像ともに残している。ロシア民謡の歌い手としても知られる。

主な受賞編集

映像編集

主な録音編集

オペラ録音
その他録音

参考文献編集

外部リンク(兼・参考文献)編集