アレクシア・ファン・オラニエ=ナッサウ

アレクシア・ファン・オラニエ=ナッサウAlexia van Oranje-Nassau, 2005年6月26日 - )は、オランダの王族。全名はアレクシア・ユリアナ・マルセラ・ローレンティンAlexia Juliana Marcela Laurentien)。オランダ国王ウィレム=アレクサンダーの第2子、次女。

アレクシア・ファン・オラニエ=ナッサウ
Princess Alexia
オラニエ=ナッサウ家
ファイル:Prinses Alexia der Nederlanden 2019.JPG
2019年
続柄 ウィレム=アレクサンダー第二王女

全名 Alexia Juliana Marcela Laurentien
アレクシア・ユリアナ・マルセラ・ローレンティン
称号 オランダ王女
オラニエ=ナッサウ公女
敬称 殿下(Koninklijke Hoogheid
出生 (2005-06-26) 2005年6月26日(17歳)
オランダの旗 オランダデン・ハーグ
父親 ウィレム=アレクサンダー
母親 マクシマ・ソレギエタ
テンプレートを表示
オランダ王室
Royal Coat of Arms of the Netherlands.svg

ウィレム=アレクサンダー国王
マクシマ王妃



略歴編集

2005年6月26日14時41分、ウィレム=アレクサンダーとその妃であるマクシマ・ソレギエタの間に第2子としてハーグで生まれた。出生時の身長は50cmで、体重は3440gであった。洗礼2005年11月19日にハーグで行なわれ、ブラバント公妃マティルド(現ベルギー王妃)、Jonkvrouwe Alexandra Jankovich de Jeszenice、オランダ王子ヨハン・フリーゾ、Juan Zorreguieta、Jonkheer Frans Ferdinand de Beaufortが代父母となった。洗礼名の「アレクシア」は父ウィレム=アレクサンダーの女性形、「ユリアナ」は曾祖母のユリアナ女王に、「マルセラ」は母のおばで代母のマルセラ・セルティ(es Marcela Cerruti)に、「ローレンティン」は義叔母のローレンティン妃にそれぞれちなむ。

2002年1月25日に出された勅令により、アレクシアはオランダ王女Prinses der Nederlanden)およびオラニエ=ナッサウ公女(prinses van Oranje-Nassau)の称号と殿下(Koninklijke Hoogheid)の敬称を持つ。2013年現在、姉カタリナ=アマリアに次いでオランダ王位継承権第2位。趣味はホッケー、乗馬、歌とピアノ。

教育編集

2009年からヴァッセナールのBloemcampschoolで初等教育を受け[1]、 2017年夏からハーグChristelijk Gymnasium Sorghvliet英語版に進学した。2021年6月に同校での4年目の中等教育修了後[2]、同年9月に父王ウィレム=アレクサンダーの母校であるイギリス・ウェールズアトランティック・カレッジ(UWC)に入学した[3][注釈 1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ アレクシアと同時期にスペイン王太女レオノールもアトランティック・カレッジに入学している。

出典編集

  1. ^ Prinses Alexia voor het eerst naar school” (オランダ語). www.omroepwest.nl (2009年6月29日). 2022年4月16日閲覧。
  2. ^ Ook prinses Alexia naar Haags gymnasium Sorghvliet” (オランダ語). nos.nl. 2022年4月16日閲覧。
  3. ^ Prinses Alexia naar UWC Atlantic College in Wales”. UWC Nederland. 2022年4月16日閲覧。

外部リンク編集

上位
カタリナ=アマリア王女
オランダ王位継承権者
継承順位第2
下位
アリアーネ王女
上位
カタリナ=アマリア王女
オランダ王女
イギリス王位継承順位
継承順位第814
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位
アリアーネ王女
オランダ王女