メインメニューを開く

アルフォンソ13世スペイン語: Alfonso XIII1886年5月17日 - 1941年2月28日)は、スペイン国王(在位:1886年5月17日 - 1931年4月14日)。

アルフォンソ13世
Alfonso XIII
スペイン国王
Alfonso XIII de España by Kaulak.jpg
アルフォンソ13世(1916年)
在位 1886年5月17日 - 1931年4月14日

全名 Alfonso León Fernando María Jaime Isidro Pascual Antonio
アルフォンソ・レオン・フェルナンド・マリーア・ハイメ・イシドロ・パスクアル・アントーニオ
出生 (1886-05-17) 1886年5月17日
スペインの旗 スペイン王国マドリード
死去 (1941-02-28) 1941年2月28日(54歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国ローマ
埋葬 1980年
スペインの旗 スペインサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルエル・エスコリアル修道院
配偶者 ビクトリア・エウヘニア・デ・バッテンベルグ
子女 アルフォンソ
ハイメ
ベアトリス
マリア・クリスティーナ
フアン
ゴンサーロ
王家 ボルボン家
王朝 ボルボン朝
父親 アルフォンソ12世
母親 マリア・クリスティーナ・デ・アブスブルゴ=ロレーナ
宗教 キリスト教カトリック教会
サイン FirmaAlfonsoXIII (v).svg
テンプレートを表示

目次

生涯編集

誕生編集

 
幼少期のアルフォンソ13世と摂政マリア・クリスティーナ王太后(ルイス・アルバレス・カターラスペイン語版画)

1886年5月17日11時30分、父王アルフォンソ12世の唯一の男子として生まれた。父王はすでに死去していたため、出生と同時にスペイン国王となった[1]。時の首相アントーニオ・カノバス・デル・カスティーリョスペイン語版は国王誕生の報を聞いて一人号泣したという[1]。祝砲の数は男子なら21発、女子なら15発と前もってマドリード市民にお触れが出されており、16発目の祝砲を聞いた瞬間にマドリード市民は歓喜して国王の誕生を祝った[1]

幼君だったため母マリア・クリスティーナ王太后摂政を務めた。生まれながらの国王アルフォンソ13世は、王族時代に外国留学していた父アルフォンソ12世のように国外で学ぶわけにはいかず、スペイン国内で高位軍人や貴族、高位聖職者からなる教授陣から帝王学を授けられた[2]。教育の結果アルフォンソ13世はドイツ語フランス語英語イタリア語を習得した[2]

16歳となった1902年から親政を開始した。閉鎖的・伝統主義的な環境の王宮で教育を受けたにもかかわらず、アルフォンソ13世は自由主義的な精神を持つに至った[2]

アルフォンソ13世は外国を頻繁に訪れており、1905年にイギリス旅行に出かけた際にイギリス女王ヴィクトリアの孫娘であるバッテンバーグ家ヴィクトリア・ユージェニーと出逢う[2]

成婚編集

 
アルフォンソ13世と王妃ビクトリア・エウヘニア。(1911年)

1906年、ヴィクトリア・ユージェニー(スペイン名ビクトリア・エウヘニア)と結婚し、5月31日に婚儀を挙げた[2]。ビクトリア・エウヘニアはバッテンベルク公ハインリヒ・モーリッツの娘で、イギリス国王ジョージ5世の従妹でもあった。この婚儀が公表されると、イギリスとスペインの両国で議論が沸騰した。公表と同時にビクトリア・エウヘニアはプロテスタントからカトリックへ改宗したが、これをイギリス国内の強硬派は「カトリック教会何するものぞ」と批判した。ビクトリア・エウヘニアの実家には「プリンス」(Prinz)の称号があり、そこで議論は政府レベルに持ち上げられたが、称号は形だけで、彼女は公金の受領者ではなかったため、この議論は収拾した。一方、スペインではカトリック教徒の多くがビクトリア・エウヘニアを攻撃した。改宗とは結婚のための方便であり、カトリックを本当に信仰しての行為か怪しいもの、というのが主たる理由であった。

婚儀が終了し、ロイヤル・カップルが無蓋の馬車で大聖堂からパレードに移ったときも、マドリードにはこの空気が張り詰めていた。厳重な警備にもかかわらず、沿道の人垣から1人の男が飛び出し、易々とロイヤル・カップルの馬車に近づいて1発の爆弾を投じた。それは馬車には命中せず路上で爆発し、現場はパニックに陥った。警護の兵士と観衆31人が命を落としたが、新婚のアルフォンソ13世とビクトリア・エウヘニアは無事だった。犯人は逮捕される前に自殺して果てた。当初宗教問題が犯行の動機と考えられたが、調査の結果、犯人はマテオ・モラレス(通称モラール)という無政府主義者とわかった。翌日、ビクトリア・エウヘニアは当初の日程の通りに闘牛見物を続行することで自らの勇気を証明し、スペイン民衆の中での立場を強化した。観客は総立ちでこれを歓呼した。

第一次世界大戦編集

第一次世界大戦が勃発すると、母后がオーストリア帝室、王妃がイギリス王室に繋がるアルフォンソ13世は中立政策をとった。「絶対中立」を宣言したスペインは、軍需産業が繁栄して「16世紀以来の大型景気」となった[3]。異例の貿易黒字を記録したが、この恩恵を受けたのはブルジョワジーばかりであり、インフレーションや日用品の物価高騰によって一般市民の暮らしは悪化の一途を辿った[3]

亡命編集

アルフォンソ13世はしばしば社会改革の努力を行うものの、途絶えることのないテロの中で政府高官は次々に暗殺され、統治の形態はますます旧来の抑圧へ傾斜を深めた。また、社会不安に混沌とする国内を鎮めるため、イタリアに倣い、1923年にはプリモ・デ・リベーラ将軍を登用し、権威主義体制による王権維持を目指した。プリモ・デ・リベーラ失脚後の1931年4月12日に行われた自治体選挙スペイン語版の結果、アルフォンソ13世は国外亡命に追い込まれた。後に亡命先のローマで死の直前に退位し、名目上の王位を四男のフアンに譲ったが、スペインが王政復古したのはアルフォンソ13世の亡命から44年後の1975年であり、フアンの息子フアン・カルロスが王位に就いた。

子女編集

 
アルフォンソ13世の子供たち。左から順にアルフォンソ、ハイメ、ベアトリス。

王妃ビクトリア・エウヘニアとの間に5男2女を儲けたが、長男アルフォンソと末息子ゴンサーロ血友病に冒された。

  1. アルフォンソ1907年 - 1938年アストゥリアス公
  2. ハイメ1908年 - 1975年) セゴビア公爵
  3. ベアトリス1909年 - 2002年
  4. フェルナンド(1910年、死産)
  5. マリア・クリスティーナ1911年 - 1996年
  6. フアン1913年 - 1993年バルセロナ伯爵
  7. ゴンサーロ1914年 - 1934年

アルフォンソ13世の趣味には、自動車の運転、乗馬狩猟などに加えて、ポルノ映画の鑑賞とセックスがあった[2]。好色な君主だった彼は多くの愛人を抱えていた[2]

女優カルメン・ルイス・モラガススペイン語版との間に、2人の私生児を儲けている[4]。彼らは王室の称号や敬称を持たないが、王統に連なる者として「ボルボーン(=ブルボン)」の姓を使用することを2003年5月に裁判所によって認められた[5]

  1. マリア・テレサ・デ・ボルボーン(1925年 - 1965年)
  2. レアンドロ・デ・ボルボーンスペイン語版(1929年 - 2016年)

この他にも何人かアルフォンソ13世の私生児とされる者がいる。

逸話編集

  • 若いころにフリーメイソンに加入した[6]
  • 最後のオーストリア皇帝カール1世はスペイン南西方にあるマデイラ島ポルトガル領)に流され、困窮のあげくに死去した。カール1世が死んだ夜、どういうわけか「カール1世の妻子たちの面倒を見なくては」という義務感に突如として憑りつかれたという[7]。そのためアルフォンソは未亡人となったツィタ皇后皇太子オットーらカールの遺族をスペイン国内に招き、宮殿を与えて手厚く庇護した。
  • 1921年パリで日本の皇太子(のちの昭和天皇)と昼食会を共にした(皇太子が御馳走になった)ことがある[8]

出典編集

参考文献編集

  • 湯浅慎一『フリーメイソンリー その思想、人物、歴史』中央公論社中公新書955〉、1990年。ISBN 978-4121009555
  • タマラ・グリセール=ペカール英語版チタハプスブルク家最後の皇妃』関田淳子訳、新書館、1995年5月10日。ISBN 4-403-24038-0
  • 川成洋坂東省次桑原真夫『スペイン王権史』中央公論社中公選書012〉、2013年。ISBN 978-4-12-110012-2

関連項目編集

先代:
アルフォンソ12世
スペインの元首
1886年 - 1931年
次代:
ニセート・アルカラ=サモーラ
第二共和国大統領
先代:
スペイン王位請求者
1931年 - 1941年
次代:
フアン3世
先代:
シャルル12世
フランス王位請求者
(正統王朝派)
1936年 - 1941年
次代:
アンリ6世