メインメニューを開く

アレン・ハインズ(英:Allen Hinds)はロサンゼルスを活動拠点に置くジャズ/フュージョンギタリスト、スタジオミュージシャン、ツアーミュージシャン。

アレン・ハインズ
出生名 Allen Hinds
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
学歴 Musicians Institute
ジャンル ジャズ
フュージョン
ロック
ポップス
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1986年 -
公式サイト http://allenhinds.com/
著名使用楽器
Gibson Les Paul (1954年製)
Gibson SG (1964年製)
Gibson 335 (1964年製)
Tele Frankenstein(自作組み立て)
Martin 000-28 (1964年製)

目次

概要編集

1986年バークリー音楽大学に在籍時にアメリカのギター雑誌の『Guitar Player Magazine』のコンテストでラリー・カールトン賞を受賞し、奨学金を貰いミュージシャンズ・インスティチュートへ入学しロサンゼルスで音楽活動をスタートさせた。 現在、ジャズ・フュージョンのソロ活動をメインにミュージシャンズ・インスティチュートの講師やナタリー・コールボビー・コールドウェルロバータ・フラックなどのライブサポートを行っている。[1] また現在、シェファード大学やCornel School of Contemporary Musicなどでも客員教授としても定期的に教鞭をとっている。

ディスコグラフィ編集

ソロ名義

  • Fact Of The Matter (2005)
  • Beyond It All (2006)
  • Falling Up (2008)
  • Monkeys and Slides (2011)

ライブ/レコーディングサポート編集

雑誌編集

  • Guitar Techniques Magazine 2014年1月号 - Allen Hinds slide masterclass

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1] Prosound Commucnitaions 「Allen Hinds インタビュー 」

外部リンク編集