アンガルスク市電

アンガルスク市電ロシア語: Ангарский трамвай)は、ロシア連邦の都市・アンガルスク市内に存在する路面電車ソビエト連邦ソ連)時代の1953年に開通した路線で、2021年現在はアンガルスク市が所有する単一企業体(МУП)であるアンガルスク軌道(Ангарский трамвай)によって運営されている[1][2][3][4]

アンガルスク市電
アンガルスク市電の主力車両・71-605(2009年撮影)
アンガルスク市電の主力車両・71-605(2009年撮影)
基本情報
ロシアの旗ロシア連邦
所在地 イルクーツク州アンガルスク
種類 路面電車[1][2][3][4][5][6]
路線網 7系統(2021年現在)[2][4]
開業 1953年11月27日[1][3][6]
運営者 アンガルスク軌道
(МУП «Ангарский трамвай» )[2][3]
路線諸元
路線距離 33 km[6]
軌間 1,524 mm[6]
電化区間 全区間
路線図(2020年時点)
Ангарск tram 2021-01 2000.png
テンプレートを表示

概要編集

1953年11月27日に開通した、アンガルスク市内を走る路面電車。大規模な油田を有し石油化学コンビナートを始めとした大規模な工業地域を有するアンガルスクにおける重要な公共交通機関として発展を続け、2013年時点の総延長は開業当初から10倍に増加した。一方でソ連崩壊後は利用客の減少が続いており、2018年度の利用客は毎月20万人で2010年代初頭の80万人から大幅に減っている。その結果、2021年現在路面電車を運営する単一企業体のアンガルスク軌道(Ангарский трамвай)は慢性的な赤字を抱える事態となっており、路線・系統の廃止も相次いで行われている[1][2][3][7]

2021年現在は7系統(1、3、4、5、6、7、11号線)が運行しているが、そのうち毎日運行しているのは3系統(3、6、7号線)のみであり、残りの4系統は平日のみ運行する。運賃は16ルーブルである[2][4]

車両編集

2021年時点でアンガルスク市電に在籍する営業用車両の形式は以下の通り。2019年以降はモスクワ市電からの車両譲渡が実施されている一方、71-605を始め多くの車両が運用を離脱する状況となっている[2][5]

車両形式 備考・参考
71-605 71-605
71-605A
71-608 71-608KM 2021年現在運用離脱中
71-619 71-619K
71-619KT 2021年現在運用離脱中
71-619A モスクワ市電からの譲渡車両

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d Юбилей ангарского трамвая”. Ангарский (2013年11月22日). 2021年1月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Павел Яблоков (2018年9月21日). “Ангарский трамвай: кризис новый, выход старый”. TR.ru. 2021年1月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e Куда в Ангарске исчезает трамвай?”. Глагол38 (2019年6月25日). 2021年1月2日閲覧。
  4. ^ a b c d Angarsk”. Urban Electric Transit. 2021年1月2日閲覧。
  5. ^ a b Vehicle Statistics Angarsk, Tramway”. Urban Electric Transit. 2021年1月2日閲覧。
  6. ^ a b c d ANGARSK”. UrbanRail.Net. 2021年1月2日閲覧。
  7. ^ 姉妹都市・友好交流都市等との交流”. 小松市. 2021年1月2日閲覧。