アンジェラ浅丘 ( - あさおか、1936年昭和11年)12月14日 - )は、昭和期の女優ダンサー。本名は三瀬 美絵子大分県別府市生まれ。

略歴編集

日劇ミュージックホールのいわゆる第2期黄金時代(1957年〜1972年頃)のスターとなった。映画にも出演している。プロ野球選手の佐藤道郎と結婚し、ともに「酒・アンジェラ」というバーを経営したこともあったが、のち離婚する。

田中小実昌は「アンジェラ浅丘の縦長ヘソはセクシー」と書いている[1]。1969年、『血と薔薇』第3号のモデルを務める(撮影は篠山紀信)。

出演映画編集

  • 1958年公開「風流温泉日記」(東宝
  • 1959年公開「やりくりアパート ぴっくり大放送」(東宝)
  • 1959年公開「やりくりアパート」(東宝)
  • 1964年公開「紅閨夢」(原作:谷崎潤一郎武智鉄二監督松竹)・欲望の踊子役
  • 1965年公開「野郎に国境はない」(日活
  • 1970年公開「奇妙な仲間 おいろけ道中」(東宝)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『楽屋ばなし いとしのジプシー・ローズと踊り子たち』

参考文献編集

  • 田中小実昌『楽屋ばなし いとしのジプシー・ローズと踊り子たち』
  • 日劇ミュージックホール パンフレット
    • 「紳士は悪女がお好き」1967年。小浜奈々子・アンジェラ浅丘・沢美奈・松永てるほ・鵬アリサ・高見緋紗子。
    • 「真夏の夜の淑女たち」1968年。松永てるほ・アンジェラ浅丘・星ひとみ・舞悦子・糸数由美子・小山明美・島さゆり・高見緋紗子・豊由佳子・谷佑子。
    • 「春爛漫いろはにほへと・・・」1972年。アンジェラ浅丘・松永てるほ・花柳幻舟・小宮あけみ・沖津陽子・五月美沙・丘はるみ・ベル・ベル。
  • Movie Walker