小浜奈々子

日本の女優、ダンサー、ストリッパー

小浜 奈々子(こはま ななこ)は、日本の女優ダンサーストリッパー。本名・渡辺 歌子(旧姓・森井)。

経歴編集

  • デビューは浅草座であった。
  • その後、浅草などで大ブームとなっていたストリップとは一線を画した、上品なヌードの殿堂として有名だった日劇ミュージックホールの言うなれば第二期黄金時代(1957年1972年頃)をトップスターとして君臨し、“ヌードショー界クイーン”といわれ、“小浜時代”を築き、その世界の歴史に輝ける足跡を残した。
  • トップスターであるが故に、休暇もとれず、自由も与えられず、色白の光り輝くばかりの肢体を保持するために、想像を超える節制を強いられた青春の日々を送っていた。
  • カルーセル麻紀と一緒に楽屋風呂に入ったエピソードもある。
  • 引退後、1973年1月、11年の恋愛の末、北海道小樽市出身の男性と結婚。恋愛といっても、多忙であったため、電話が主であった。夫は、『ザ・ハーモナイザーズ』に属し、坂本九や、朝丘雪路のバックコーラス等で活躍した。

出演作品編集

映画編集