メインメニューを開く

アントワン・フィッシャー きみの帰る場所

アントワン・フィッシャー きみの帰る場所』( - きみのかえるばしょ、原題: Antwone Fisher)は、2002年に製作されたアメリカ映画デンゼル・ワシントンの初監督作品。

アントワン・フィッシャー きみの帰る場所
Antwone Fisher
監督 デンゼル・ワシントン
脚本 アントワン・Q・フィッシャー
製作 デンゼル・ワシントン
ナンシー・パロイアン
トッド・ブラック
出演者 デレク・ルーク
デンゼル・ワシントン
ジョイ・ブライアント
音楽 マイケル・ダナ
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 コンラッド・バフ
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年12月19日 (限定)
アメリカ合衆国の旗 2003年1月10日 (拡大)
日本の旗 2003年5月10日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,500,000[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

一人の男性が精神科医とともに自分自身のトラウマ(養母からの身体的虐待、義理の従姉妹からの性的虐待および姉弟間の虐待)に満ちた過去と向き合い克服していく姿を描いた作品で、実在の人物であるアントワン・Q・フィッシャーの自伝「Finding Fish」をベースに製作された。また、彼はこの映画の脚本家としてもスタッフロールにクレジットされている。

デンゼル・ワシントンはこの作品で映画監督デビューを果たし、またアントワンの診察を担当する精神科医ジェローム・ダヴェンポート役で出演もしている。

アントワン・フィッシャー役を演じたのは新人俳優のデレク・ルーク、その恋人役は元モデルのジョイ・ブライアントが演じている。

ストーリー編集

小麦畑で8歳の少年アントワン・Q・フィッシャーが一人佇んでいる。視線の先には一軒の家がぽつんと立っており、ドアを開けるとそこには…

朝、空母内のベッドで寝ていた海軍兵士のアントワン・Q・フィッシャー(デレク・ルーク)は起床を告げるけたたましいベルの音で目覚めた。シャワーを浴びるために浴室に向かった彼は、声をかけてきた白人水兵に対して突如激昂し、殴りかかった。

アントワンは、白人水兵の人種差別的な発言が原因だと訴えたが聞き入れられず、すぐさま上官から90日間の下船禁止と精神科医の診察を受けるように言い渡された。

基地内所属の精神科医ジェローム・ダヴェンポート(デンゼル・ワシントン)は来院したアントワンに、自分自身や家族のことについて話すよう促す。アントワンの気が短く怒りっぽい性格は、彼の生い立ちに何らかの原因があると考えたのだ。頑なに口を閉ざすアントワンに、我慢強く接するダヴェンポート。やがてアントワンは、生みの親を知らずに孤児院で育ったこと、里子に出された家で受けた耐え難い虐待の記憶を語り始めた。

治療の後で基地内の書店に向かったアントワンは、想いを寄せているレジ係のシェリル・スモーレイ(ジョイ・ブライアント)に様子がおかしいことを勘付かれてしまうが、これをきっかけにお互いの心も通い始めるようになる。

ダヴェンポートとシェリルの支えのもと、自らの過去を語り、受け入れることで、アントワンは徐々に心を落ち着かせていく…。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
アントワン・フィッシャー デレク・ルーク 竹若拓磨
アントワン・フィッシャー(7歳) マルコム・デヴィッド・ケリー 白石涼子
アントワン・フィッシャー(14歳) コリー・ホッジス 増田淳
ジェローム・ダヴェンポート デンゼル・ワシントン 小山力也
シェリル・スモーレイ ジョイ・ブライアント 甲斐田裕子
バータ・ダヴェンポート サリー・リチャードソン 五十嵐麗
エヴァ・メイ ヴァイオラ・デイヴィス 藤生聖子
ポーク・チョップ レナード・アール・ハウズ 天田益男
スリム ケヴィン・コナリー

脚注編集

  1. ^ Antwone Fisher (2003)”. Box Office Mojo. 2010年3月6日閲覧。

外部リンク編集