アンヌ・コレット

アンヌ・コレットAnne Colette1937年3月10日 - )は、フランスの女優である。

Anne Colette
アンヌ・コレット
本名 アンヌ・マリー・コレット
Anne Marie Collette
生年月日 (1937-03-10) 1937年3月10日(85歳)
出生地 フランスの旗 フランス レユニオン島サン=ドニ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1955年 - 1968年
活動内容 1955年 映画界にデビュー
1957年 ゴダールの短篇で主演
1967年 スコセッシのデビュー作に出演
1968年 引退
主な作品
男の子の名前はみんなパトリックっていうの
シャルロットとジュール
ドアをノックするのは誰?
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1937年(昭和12年)3月10日マダガスカルの東に位置するフランス領の島・レユニオン島サン=ドニに「アンヌ・マリー・コレット」として生まれる。

1955年(昭和30年)、18歳のときに、マルク・アレグレ監督、ジャン・マレーブリジット・バルドー主演の映画『未来のスターたち』に主演して、映画界にデビューした。その後もアレグレ監督の作品に端役での出演をつづけるなか、若手監督のジャン=リュック・ゴダールエリック・ロメールがつづけていた短篇映画シリーズのうち、ゴダールが監督した『男の子の名前はみんなパトリックっていうの』(1957年)、『シャルロットとジュール』(1958年)につづけて主演した。

1967年(昭和42年)、30歳のころ、ニューヨークマーティン・スコセッシ監督の初の長篇劇映画『ドアをノックするのは誰?』に、「夢のなかに出てくる女の子」役で出演する。翌年のピエール・カストジャン=ダニエル・ポレの共同監督作に出演したあとは、映画界を引退し、ロンドンに渡った。

フィルモグラフィ編集

編集

外部リンク編集