メインメニューを開く
アンリ・ルニョー

アンリ・ルニョー(Henri Regnault、1843年10月31日 - 1871年1月19日)はフランスの画家である。神話に題材を得た絵画や「オリエンタリズム」の絵画を描いた。普仏戦争で戦死した。

目次

略歴編集

パリで生まれた。父親は有名な化学者、物理学者のアンリ・ヴィクトル・ルニョーであった。パリのエコール・デ・ボザールなどで、アントワーヌ・モンフォールやルイ・ラモットやアレクサンドル・カバネルらに学んだ。1863年からローマ賞に応募し、1863年には選ばれなかったが、1864年のサロン・ド・パリに2点が受理され、1866年になってローマ賞を受賞した。ローマに留学し、同僚のラ・ギエルミー(Auguste Laguillermie)とスペインを旅した[1]。1869年末からジョルジュ・クレランジャン=ジョセフ・バンジャマン=コンスタンモロッコタンジェに滞在し、現地の風俗を題材に描いた。1870年のサロンに出展したプリム将軍の人物画と「サロメ」の絵は好評で、評論家のテオフィル・ゴーティエから賛辞が贈られた。

1870年に普仏戦争が勃発するとフランスに戻り、プロイセン軍と戦った。1771年1月、パリ包囲戦のビュザンヴァルの戦いで、プロイセン軍の銃弾により戦死した。27歳であった。

作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ H. Lapauze, Histoire de l'Académie de France à Rome, Paris : Plon, 1924, t. 2.

参考文献編集

  • Henri Cazalis, Henri Regnault : Sa vie, son œuvre, Paris, Lemierre, 1872.
  • Arthur Duparc, Correspondance d'Henri Regnault, annotée et recueillie par Arthur Duparc, suivie du catalogue complet de l'œuvre d'Henri Regnault, Paris, Charpentier et Cie, 1873.
  • Roger Marx, Henri Regnault (1843-1871), Paris, J. Rouam, 1886.
  • Sophie de Juvigny, Odile Caule, Henri Regnault, 1843-1871, cat. exp. Saint-Cloud, musée municipal, 16 octobre 1991 - 5 janvier 1992, Saint-Cloud, éd. musée municipal, 1991.
  • Brigitte Olivier, Le peintre, l'amour, la mort : Henri Regnault, 1843-1871, Biarritz - Paris, Séguier-Atlantica, 2008.
  • Anne Martin-Fugier, Les couleurs et la mitraille, Paris, Le Passage, 2016 (biographie romanesque).