アール・フッカー

アール・フッカー(Earl Hooker, 1929年1月15日 - 1970年4月21日)はアメリカ合衆国ブルースミュージシャン。シカゴ・ブルース[1]の最盛期を担った、ブルースの系譜において最も影響力のあるスライド・ギタリストのうちの一人である。ジョン・リー・フッカーは従兄。

Earl Hooker
ファイル:EarlHooker.jpg
基本情報
出生名 Earl Zebedee Hooker
生誕 (1930-01-15) 1930年1月15日
Quitman County, Mississippi
死没 1970年4月21日(1970-04-21)(40歳)
Chicago, Illinois
ジャンル Blues
職業 Musician
担当楽器 Guitar
活動期間 1940s–1970
レーベル Cuca, Chief/Profile/Age, Arhoolie, Bluesway

来歴編集

1929年ミシシッピ州クラークディルに生まれる。1歳でイリノイ州シカゴへ移住。15歳でギターを始める。1952年に初録音。マディ・ウォーターズジュニア・ウェルズサニー・ボーイ・ウィリアムスンら大物ミュージシャンのアルバムに客演も多く、スタジオミュージシャンとしての性格も強い。自身のヒットとしては1962年にエイジより出した「BLUES GUITAR」がある。そのスタイルはブルースに留まらず、カントリーやジャズまで幅広く対応している。1970年に41歳で死去。使用ギターとしては、ギブソンのダブルネック(EDS-1275)や日本製と思われるレス・ポールのコピーモデルなど。

演奏スタイルと認識編集

同時代のエルモアジェームスやマディウォーターズとは異なり、フッカーはスライドプレー用にギターの標準的なチューニングを使用した。彼は短いスチール製のスライドを使用したため、曲の途中でスライドとフレット演奏を簡単に切り替えることができた。彼のスライドサウンドの一部は、彼がRobert Nighthawkから学んだテクニックである彼の軽いタッチに起因している。「フルコードグリッサンド効果を使用する代わりに、タンパレッド、ヒューストンスタックハウスなどの標準的なチューニングでスライドを演奏した他の人、および彼のメンターであるロバートナイトホークから受け継がれた、より微妙な単音のランを好んだ。」フッカーは、スライドギターの習得に加えて、高度に開発された標準ギターのソリストおよびリズムプレーヤーでもあった。多くのブルースギタリストがBBキングをエミュレートしていた頃、フッカーは自分のコースを維持していた。彼は本質的にブルースマンでしたが、彼はいくつかの音楽スタイルに長けていた。彼の気分と観客の反応によっては、フッカーのパフォーマンスにはブルース、ブギウギ、R&B、ソウル、ビバップ、ポップ、そしてカントリーウエスタンのお気に入りさえ含まれた。

フッカーはTボーンウォーカーのスタイルで派手なショーマンであり、ギタースリムやジョニー "ギター"ワトソンなどの同様のアプローチを他の人よりも先行していた。彼は派手な服を着て、歯や足でギターを選ぶか、首の後ろや足の間で演奏しました。彼はダブルネックギターも演奏し、最初は6弦ギターと4弦ベースのコンビネーション、その後は12弦と6弦のコンビネーションを演奏しました。1967年に結核で体力が低下した後、彼はときどき座って軽いシングルネックギターを使用して演奏した。ガジェットを避けたジャンルでは、フッカーは例外だった。彼は増幅を実験し、エコーとテープ遅延を使用した「曲の中で自分の演奏を二重に追跡することで、2つのソロを同時にハーモニーで選ぶことができた」など。彼は1968年にワウペダルを使い始め、一部のソロにボーカルのようなクオリティを加えた。

フッカーは同時代の人ほど公衆からの評価は得られなかったが、ミュージシャンから高く評価された。彼は最も偉大な近代的なブルースギタリストの一人であることを考えるウェイン・ベネット、ボビー「ブルー」Blandの、アルバート・コリンズ、ウィリー・ディクソン、ロニー・アール、ティンズリー・エリス、ギター・ショーティ、バディ・ガイ、ジョン・リー・フッカー、アルバートキング、BBキング、リトルミルトン、ルイマイヤーズ、ラッキーピーターソン、オーティスラッシュ、ジョールイスウォーカー、ジュニアウェルズ。2013年、フッカーはブルースの殿堂入りを果たし、「アールフッカーは「ブルースギタリスト」のギタリストであり、1950年代と60年代にシカゴブルースミュージシャンのサークルで最も尊敬されていた6弦のウィザードだった。

出典編集

| first = Bill | editor1-last = Erlewine | editor1-first = Michael | editor1-link = Michael Erlewine | title = Earl Hooker | encyclopedia = All Music Guide to the Blues

脚注編集