イギリスの海外領土

  イギリスの海外領土
イギリスの海外領土の拡大図

イギリスの海外領土(イギリスのかいがいりょうど)とはイングランドスコットランドウェールズ北アイルランド以外で、イギリスの政治的権限が及ぶ領域である。

目次

概要編集

かつてのイギリスの海外領土としては自治領 (Dominion)、王領植民地 (Crown Colony)、保護国 (Protectorate)、信託統治領 (Trusteeship)、租借地 (leased territory) が存在した。第二次世界大戦以降、そのほとんどは独立国となるか、香港のように返還された。独立した地域にはイギリス連邦に参加する国と参加しない国があり、前者はさらに、イギリスの王を君主とする英連邦王国 (Commonwealth realm) と、それ以外の国に分かれる。

現在も独立せずに残っている海外領土は、バミューダ諸島のように正式名称に “Crown Colony” を使う例もあるが、これらもすべてまとめて属領 (territories) として、下記の4種に分類される。また、属領とは別に、外交と防衛をイギリスが代行する王室属領 (Crown dependencies) と呼ばれる地域があり、これらは法的にはイギリスに含まれないが、高度な自治権を有する領域である。

属領編集

類型1編集

本国に任命された総督や高等弁務官・弁務官が統治する。住民代表の立法議会はない。アクロティリおよびデケリアには数千人のキプロス人が居住しているが、ほかの3地域には基本的に定住者はおらず、おもに軍事や研究を目的とする居住者がいるのみである。

類型2編集

住民代表の立法議会があり、本国に任命された総督が行政府の長となる。

類型3編集

民選議会の多数政党党首を行政府の長として本国に任命された総督が任命する。

類型4編集

類型3から、さらに総督の権限を形式化したもので、実質上、英連邦王国と大差ない。

王室属領編集

関連項目編集