アセンション島

南太平洋にあるイギリス領の島
アセンション島
Ascension Island
アセンション島のsvg アセンション島のsvg
アセンション島の旗 アセンション島の紋章
国歌:God Save the King 国王陛下万歳
アセンション島の位置
公用語 英語
首都 ジョージタウン
君主 チャールズ3世
政府 セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャ
行政官 シーン・バーンズ(Sean Burns)
面積
 -  総面積 91 km²
 -  水面積率 (%) 極僅か
人口
 -  統計(2016) 806[1]
 -  人口密度 22/km²
GDP (PPP)
 -  合計
通貨 セントヘレナ・ポンド (SHP)
時間帯 UTC +0 
ISO 3166-1
ccTLD .ac
Website
http://www.ascension-island.gov.ac/
国際電話番号 247

アセンション島 (Ascension Island) は、南大西洋に浮かぶイギリス領の火山島大西洋中央海嶺上にあり、グリーン山 (859m) が島の最高峰である。セントヘレナなどとともに、イギリスの海外領土セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャを構成する。

アセンション島
SH-Ascension.png
アセンション島の地図
所在地 イギリスの旗 イギリス(海外領土)
所在海域 大西洋
座標 南緯7度56分 西経14度22分 / 南緯7.933度 西経14.367度 / -7.933; -14.367
面積 88 km²
海岸線長 - km
最高標高 859 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

首府はジョージタウン。南緯7°56′0″、西経14°22′0″付近に位置する。

歴史編集

1501年に、インド遠征の途上にあったジョアン・ダ・ノーヴァ率いるポルトガル艦隊によって発見された。その2年後、やはりインド遠征の途上であったアフォンソ・デ・アルブケルケ率いるポルトガル艦隊により再発見され、再発見日である昇天祭にちなんでアセンション島と命名された。乾燥した荒地であったために、交易上の何の価値も無かった。ナポレオン1815年セントヘレナ島に幽閉されると、イギリスがフランス軍に対する警戒のために小規模な艦隊を駐留させた。このため、アセンション島は、「HMSアセンション」や、「石でできた軍艦」などと呼ばれた。

1821年にナポレオンが没して以降は、西アフリカ近海で奴隷貿易の取締りを行う艦船部隊の、補給及び休養の拠点となった。

1823年からは、島には英国海兵隊が駐留した。そのため、島は1922年に勅令により、セントヘレナ島の行政府の管轄下に置かれるまで、英国海軍本部委員会の管理下にあった。

1922年から1964年まで、島はイースタン・テレグラフ社(1934年にケーブル・アンド・ワイヤレス社に社名変更)によって管理された。BBCはアセンション島からアフリカ向けの放送を行っており、英国テレコミュニケーション社とケーブル・アンド・ワイヤレス社も、島を通信拠点として今でも利用している。

軍事編集

島には、アメリカ陸軍の工兵隊により、第二次世界大戦中に飛行場 (Wideawake Field) が造成されている。この飛行場は、給油地点として有効であり、アメリカとアフリカを連絡するだけでなく、フォークランド諸島への連絡にも使われた。現在もアメリカ軍の寄港地で、スペースシャトルの緊急避難地であり、ミサイル基地でもある。イギリス空軍は本国とフォークランド諸島を結び定期的に使用している。

1982年フォークランド戦争が勃発すると、アセンション島はイギリス軍の拠点となった[2]。島は、アルゼンチン軍の攻撃範囲外にあったものの、防衛用にハリアー戦闘機が配備された。また、バルカン爆撃機がここより出撃し、ヴィクターより空中給油を受けつつ、フォークランド諸島への超長距離爆撃(ブラック・バック作戦)を行った。

通信・連絡編集

島にある組織は、通信に関与している組織が多い。かつてアセンション島は海底同軸ケーブルの中継地であり、イギリス、ポルトガルと南アメリカ西アフリカ南アフリカを結んでいた。この海底同軸ケーブルは廃止されたが、ケーブル・アンド・ワイヤレス社では、衛星通信システムを運用している。国際電話サービスシステムの保守を行っているほか、ヨーロッパ宇宙機関のアリアン・ロケットの地球局の運用も行っている[3]

1967年には、BBCは南アフリカ・南アメリカ向け放送の中継局を設置している。また、アメリカは衛星追跡基地などを運営している。

島へは、一般の船のほかに、英国国防省傭船したセントヘレナ号(RMS St Helena)が南アフリカ共和国ケープタウンから月に一度入港していたが、2018年2月に退役した[4]。これに代わり、貨物船MVヘレナ号が就航し、セントヘレナ島を経由してケープタウンまで、年に4回[5]、11日間かけて運行している[6]。同船は乗客の便乗も可能である[7]。また、アメリカの補給船が年に4回ほど入港する。クルーズ船もしばしば寄港し、島の周囲の豊かな漁場で操業する漁船もよく入港する。

航空路は、イギリスのRAFブライズ・ノートン基地よりイギリス空軍の輸送機が飛んでいる。座席数は限定されるが民間人も利用可能であり、フォークランド諸島マウント・プレザント空軍基地にむかう便も存在する。

ちなみに、国際電話用の国番号は247、インターネットにおいては、トップレベルドメインの.acが与えられている。

アセンション島からの電話編集

2019年、日本国内においてアセンション島からのワン切り電話の着信が相次いだ。折り返しの電話代からキャッシュバックを受け取る詐欺的商法の可能性が指摘されている[8]

地理編集

島は、面積88km2の大西洋中央海嶺上の火山島で、緯度は南緯7度56分、経度は西経14度22分に位置する。島の大部分は、玄武岩火山砕屑丘で覆われている。島の火山の最後の噴火は約600年前であった。島の最高峰は標高859mのグリーン山であり、山は植生に覆われている[9]

島の気温は海岸部で摂氏20 - 30℃位である。年間を通して降水があり、1月から4月にはやや多くなる。

アセンション島(ジョージタウン)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 31.7
(89.1)
31.7
(89.1)
31.7
(89.1)
32.2
(90)
31.7
(89.1)
30.6
(87.1)
30.6
(87.1)
28.9
(84)
28.9
(84)
28.9
(84)
30.0
(86)
30.6
(87.1)
32.2
(90)
平均最高気温 °C°F 28.3
(82.9)
29.4
(84.9)
30.0
(86)
30.0
(86)
28.9
(84)
27.8
(82)
27.2
(81)
26.1
(79)
26.1
(79)
26.1
(79)
26.7
(80.1)
27.2
(81)
27.8
(82)
平均最低気温 °C°F 22.8
(73)
23.9
(75)
24.4
(75.9)
24.4
(75.9)
23.9
(75)
22.8
(73)
22.2
(72)
21.1
(70)
21.1
(70)
21.1
(70)
22.2
(72)
22.6
(72.7)
22.7
(72.9)
最低気温記録 °C°F 18.9
(66)
20.0
(68)
21.1
(70)
20.6
(69.1)
19.4
(66.9)
19.4
(66.9)
19.4
(66.9)
18.3
(64.9)
17.2
(63)
18.3
(64.9)
17.8
(64)
17.8
(64)
17.2
(63)
降水量 mm (inch) 8
(0.31)
10
(0.39)
38
(1.5)
30
(1.18)
10
(0.39)
15
(0.59)
13
(0.51)
10
(0.39)
10
(0.39)
13
(0.51)
8
(0.31)
8
(0.31)
173
(6.78)
平均降水日数 (≥0.3 mm) 7 5 7 8 6 8 7 8 10 12 8 8 94
湿度 74 73 73 73 70 69 69 70 73 73 72 73 71.8
平均月間日照時間 229 224 276 267 264 260 239 217 165 161 159 198 2,659
出典1:Deutscher Wetterdienst[10]
出典2:Danish Meteorological Institute[11]

野生生物編集

島は、アオウミガメの産卵地として有名であり、1月から5月に海岸で産卵を行う。また、セグロアジサシも多く、島の南西部が繁殖地となっており、多くの営巣地がある。このほかにも多くの海鳥がおり、またカナリアキュウカンチョウなども生息している。島には、野生のロバヒツジウサギトカゲなどがおり、ネズミとウサギ以外の野生生物は法律により保護されている。島の周辺海域にも、サメカジキなど多くの魚がいる。

人口編集

先住民はおらず、島の住民は会社や組織の構成員とその家族から成り立っている。人口はおよそ1,100~1,200人ほどで、他に150人ほどの駐留アメリカ軍がいる。集落は5つあり、行政府所在地はジョージタウン。島の労働者はセントヘレナ島やフォークランド諸島からの出稼ぎが多い[2]

脚注編集

  1. ^ St Helena 2016 Population & Housing Census (PDF)” (英語). St Helena Statistics Office. 2022年7月30日閲覧。
  2. ^ a b 「島の地理学 小さな島々の島嶼性」p71 スティーブン・A・ロイル 中俣均訳 法政大学出版局 2018年8月30日初版第1刷発行
  3. ^ 「島の地理学 小さな島々の島嶼性」p71-72 スティーブン・A・ロイル 中俣均訳 法政大学出版局 2018年8月30日初版第1刷発行
  4. ^ RMS セントヘレナ号公式サイト(英語)2022年1月28日閲覧
  5. ^ https://sthelenashipping.com/schedules/ 「Schedules」セントヘレナ海運 2022年1月28日閲覧
  6. ^ https://sthelenashipping.com/ 「Home」セントヘレナ海運 2022年1月28日閲覧
  7. ^ https://sthelenashipping.com/passengers/ 「passengers」セントヘレナ海運 2022年1月28日閲覧
  8. ^ 「アセンション島」からの不審な着信相次ぐ 「国際ちりつも詐欺」か”. 西日本新聞 (2019年11月24日). 2019年11月27日閲覧。
  9. ^ 「島の地理学 小さな島々の島嶼性」p38-39 スティーブン・A・ロイル 中俣均訳 法政大学出版局 2018年8月30日初版第1刷発行
  10. ^ Klimatafel von Georgetown (Flugh.), Insel Ascension / Südatlantik / Großbritannien”. Federal Ministry of Transport and Digital Infrastructure. 2016年11月4日閲覧。
  11. ^ STATIONSNUMMER 61902”. Ministry of Energy, Utilities and Climate. 2013年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集