メインメニューを開く

イザベル・ド・エノー(Isabelle de Hainaut, 1170年4月5日 - 1190年3月15日)は、フランスフィリップ2世の最初の王妃。エノー伯ボードゥアン5世フランドル女伯マルグリット1世の長女。弟にラテン帝国の皇帝ボードゥアン1世(フランドル伯としては9世)がいる。

イザベル・ド・エノー
Isabelle de Hainaut
フランス王妃
Izabela hainaut2.jpg
別称号 アルトワ女伯

出生 1170年4月5日
エノー伯領ヴァランシエンヌ
死去 1190年3月15日
フランス王国パリ
埋葬  
サン=ドニ大聖堂
配偶者 フランスフィリップ2世
子女 ルイ8世
ロベール(夭折)
フィリップ(夭折)
父親 エノー伯ボードゥアン5世
母親 フランドル女伯マルグリット1世
テンプレートを表示

生涯編集

当初1171年、1歳の頃にフィリップ2世の母アデルの甥に当たるシャンパーニュ伯アンリ2世と婚約したが、父ボードゥアン5世がイザベルの母方の伯父フランドル伯フィリップ・ダルザスから豊かなアルトワ伯領を持参金としてイザベルに持たせてフィリップ2世に嫁がせることを提案され、伯父と父の手配により1180年4月28日、既に父王ルイ7世の共同君主となっていたフィリップと結婚した[1]。ルイ7世は同年9月に死去し、フィリップが単独の王位についた。

婚約を反故にされたアンリ2世の父で王太后アデルの実兄に当たるシャンパーニュ伯アンリ1世含め、ブロワ家の一族は怒り、イザベルに敵意を向けるようになる。

イザベルとフィリップ2世の結婚は王太后アデルにとっても甥アンリ2世への拒絶と実家の権威衰退を意味しており、この結婚を喜ばなかった。その時期にアデルはイザベルに対抗する派閥をつくり、フランス宮廷で緊張が増した。

イザベルの王妃戴冠式の招待に王太后及びシャンパーニュ派の一団は欠席している。

イザベルの父方の高祖父フランドル伯ボードゥアン2世西フランク王国シャルル2世(禿頭王)の娘ジュディトを母としており、イザベルとフィリップ2世の結婚はカロリング家カペー家の結合と見なされた[2]。そして、1187年に生まれた2人の息子ルイ8世1223年に王位を継承したことで、フランス王位の正統性はより高められたと認識された。また、この結婚の持参金としてアルトワ伯領がもたらされた[2][3]

2度目の出産で男児の双子を産むが、難産であり1190年3月15日に19歳で死去した。双子はロベールとフィリップと名付けられたが、生後3日目で夭折した。その後、フィリップ2世は2人の王妃を迎えた。

脚注編集

  1. ^ 佐藤、p. 99
  2. ^ a b 佐藤、p. 104
  3. ^ 柴田 他、p. 198

参考文献編集

  • 佐藤賢一 『カペー朝 フランス王朝史1』 講談社現代新書、2009年
  • 柴田三千雄 他 『フランス史 1』 山川出版社、1995年
先代:
アルトワ女伯
1180年 - 1190年
次代:
ルイ