メインメニューを開く

イザベル・ド・ナヴァール (1395-1450)

イザベル・ド・ナヴァールIsabelle de Navarre1395年 - 1450年8月31日)は、ナバラ王女。カルロス3世と王妃レオノール・デ・トラスタマラの末娘。スペイン語名はイサベル・デ・ナバーラ(Isabel de Navarra)。

イザベル・ド・ナヴァール
Isabelle de Navarre
出生 1395年
死去 1450年8月31日
配偶者 アルマニャック伯ジャン4世
子女 マリー
ジャン5世
エレオノール
シャルル
イザベル
父親 ナバラカルロス3世
母親 レオノール・デ・トラスタマラ
テンプレートを表示

生涯編集

イザベルは、1414年頃、アラゴン王子フアン(のちのフアン2世)と婚約した[1]。母レオノール王妃は娘の結婚のため金銭を用意した[2] 。しかしフアンは王位に就くと、ナポリ女王ジョヴァンナ2世との結婚を望んで、イザベルとの婚約を破棄した[1]

イザベルは1419年5月10日にアルマニャック伯ジャン4世と結婚した[3]。ジャン4世は最初の妃であるブランシュ・ド・ブルターニュと死別しての再婚であった。2人は5子をもうけた。

  • マリー(1420年頃 - 1473年) - アランソン公ジャン2世と結婚
  • ジャン5世(1420年頃 -1473年) - アルマニャック伯
  • エレオノール(1423年頃 - 1456年) - オラニエ公ルイ2世・ド・シャロン=アルレ(fr)と結婚
  • シャルル(1425年 - 1497年) - アルマニャック伯。カトリーヌ・ド・フォワ=カンダルと結婚
  • イザベル(1433年 - 1475年) - カトル・ヴァレ領主

脚注編集

  1. ^ a b Elena Woodacre, The Queens Regnant of Navarre: Succession, Politics, and Partnership, 1274-1512, (Palgrave Macmillan, 2013), 91.
  2. ^ Yanguas, Tomo II, pág. 191, cita "caj. 104, n. 8".
  3. ^ Régine Pernoud and Marie-Véronique Clin, Joan of Arc: Her Story, transl. Jeremy duQuesnay Adams, (St. Martin's Press, 1999), 174.