メインメニューを開く

レオノール・デ・カスティーリャ(Leonor de Castilla)またはレオノール・デ・トラスタマラ(Leonor de Trastámara, 1363年頃 - 1416年2月27日)は、ナバラカルロス3世の王妃。父はカスティーリャエンリケ2世、母は王妃フアナ・マヌエルフアン1世の姉。フランス名はエレオノール・ド・カスティーユ(Éléonore de Castille)。

レオノール・デ・トラスタマラ
Leonor de Trastámara
ナバラ王妃
Leonor de trastamara.jpg
出生 1363年
死去 1416年2月27日
埋葬  
パンプローナ大聖堂
配偶者 ナバラカルロス3世
子女 本文参照
父親 カスティーリャエンリケ2世
母親 フアナ・マヌエル・デ・カスティーリャ
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

1375年にカルロス3世と結婚し、2男6女をもうけたが、男子はいずれも夭逝した。

  • ブランカ(1385年 - 1441年) - ナバラ女王
  • フアナ(1386年 - 1413年)
  • マリア(1388年 - 1425年)
  • マルガリータ(1390年 - 1425年)
  • ベアトリス(1392年 - 1415年)
  • イサベル(1395年 - 1435年)
  • カルロス(1397年 - 1402年) - ビアナ公
  • ルイス(1402年) - ビアナ公