メインメニューを開く

イザベル・ド・ブルボンIsabelle de Bourbon, 1436年 - 1465年9月25日)は、フランス王家傍系のブルボン公爵家の公女で、ブルゴーニュシャルル(突進公)の2番目の妻。夫の家督継承以前に没し、シャロレー伯爵夫人の称号で呼ばれた。

イザベル・ド・ブルボン
Isabelle de Bourbon
Isabella of Bourbon Flemish School Hospice Comtesse.jpg
シャロレー伯爵夫人イザベル
出生 1436年
死去 1465年9月25日
配偶者 ブルゴーニュシャルル(突進公)
子女 マリー
父親 ブルボン公シャルル1世
母親 アニェス・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

目次

生涯編集

ブルボン公シャルル1世とその妻でブルゴーニュジャン1世(無畏公)の娘であるアニェスの間の次女として生まれた[1]。1454年10月30日にリールにおいて、伯父のブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)の一人息子であるシャロレー伯シャルル(突進公)と結婚した。夫妻はブリュッセルのクーデンベルグ城を住まいとした[2]。夫シャルルは最初の妻のフランス王女カトリーヌと1446年に死別しており、この結婚は再婚だった。シャルルとイザベルの夫婦仲は良好だったが、イザベルは1465年に28歳で死去し、シャルルは1468年にイングランド王妹マーガレットを3番目の妻に迎えた。

子女編集

脚注編集

  1. ^ Miroslav Marek (2005年1月4日). “Isabelle de Bourbon(Capet22-F8)”. genealogy.euweb.. 2012年10月6日閲覧。
  2. ^ 堀越孝一 『ブルゴーニュ家』 講談社現代新書、1996年、P230

外部リンク編集