ブルッヘまたはブリュッヘブルグブラヘなど(フラマン語(オランダ語):Brugge[ˈbrʏʝə] 発音例)、ブリュージュ(仏語:Bruges[ˈbʁyːʒ] 発音例)、ブルージュ(英語:Bruges[ˈbruːʒ] 発音例)は、ベルギー北西部、フランデレン地域の都市で、ウェスト=フランデレン州の州都。ベルギーの代表的な観光都市の一つであり、2002年には、スペイン王国サラマンカとともに欧州文化首都に選定された。

ブルッヘ
Brugge(オランダ語
Bruges(フランス語
ブルッヘ市内
ブルッヘ市内
ブルッヘの市旗 ブルッヘの市章
市旗 市章
位置
ウェスト=フランデレン州におけるブルッヘの位置の位置図
ウェスト=フランデレン州におけるブルッヘの位置
座標 : 北緯51度13分 東経3度14分 / 北緯51.217度 東経3.233度 / 51.217; 3.233
行政
ベルギーの旗 ベルギー
 地域 フランデレン地域の旗 フランデレン地域
 州 ウェスト=フランデレン州の旗 ウェスト=フランデレン州
 行政区 ブルッヘ行政区
 市 ブルッヘ
市長 レナート・ランドイト(社会党・別
地理
面積  
  市域 138.40 km2
人口
人口 (2014年1月1日現在)
  市域 117,639人
    人口密度   850人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 8000, 8200, 8310, 8380
市外局番 050
公式ウェブサイト : http://www.brugge.be/

概要編集

 
聖ウルスラの聖遺物匣(Châsse de sainte Ursule

名称編集

日本の百科事典や地名事典では「ブルッヘ」ないし「ブリュッヘ」が用いられることが多いが、観光業などの分野では「ブルージュ」や「ブリュージュ」も多く用いられている。なお、地名の由来は「橋」であり、市内に張り巡らされた運河に架かる無数の橋に因んでいる。

地理編集

近隣都市編集

近隣の都市としては、約40キロ南東にヘント、90キロ南東にブリュッセル、85キロ東にアントウェルペンが位置している。フランス共和国リールが約65キロ南に位置している。

歴史編集

沿革編集

  • 9世紀、初代フランドル伯ボードゥアン1世によって建てられた城塞が街の起源とされる。3代アルヌルフ1世の時代に、聖ドナティアン教会や聖サルヴァトール教会が建てられ、城塞も強化された。
  • 12世紀に大津波が、から10km以上も離れたブルッヘを襲った。その時に残された大きな溝に運河を作り、フランドル伯フィリップ・ダルザスのもとでズウィン湾とブルッヘを結ぶ水路が整備され、町中に水路を張り巡らせ、での交易に便利な港町を作った。ブルッヘは北海に出る玄関口として格好な場所となり、イギリス北欧と内陸を結ぶ交易は、13世紀になるとハンザ同盟の在外商館がおかれたほか、1277年にジェノヴァ商人が大西洋沿岸を経由してズウィン湾にまで訪れるようになり、金融・貿易の一大拠点として繁栄した。裕福になった市民は、自分たちの成功の象徴として、町の真ん中に高い塔である鐘楼を建てた。教会社会を支配していた時代、時を告げる鐘楼は、教会や王の権威や権力が強いところでは市民が建てることはできなかったが、ブルッヘの市民は自分たちで市場の開始の時刻を告げる鐘楼を建てることで、その自立を表した。それは資本主義社会の最初の拠点であるとされる。
  • 15世紀以降、運河やズウィン湾に土砂が堆積して大型船舶の航行に支障を来たすようになり、運河港としても経済の中心地としてもその重要性を失って、衰退していった。しかし、19世紀に運河が再生され、美しい水の都として再び人々を魅了するようになり、中世の面影を残した町並みが現在まで残されることとなった。同世紀末には写真が挿入された小説『死都ブリュージュ』で脚光を浴びた。
  • 第一次世界大戦ではドイツに制圧され、近隣のゼーブルッヘ地区やオステンドUボート基地が建設された。これらの町の港とは水路で繋がっていた事からイギリス軍の攻撃目標(ゼーブルッヘ襲撃第1次オーステンデ襲撃)となるが、ブルッヘが直接攻撃される事は無かった。

対外関係編集

姉妹都市・提携都市編集

国内
国外

姉妹港・提携港編集

国外

経済編集

産業編集

伝統的なレース産業のほか、造船業も盛ん。ブルッヘ歴史地区として世界遺産にも定められたその美しい街並みは多くの観光客を集めており、観光産業も発展している。

ブルッヘ・ゼーブルッヘ港編集

旧市街から北海の海岸沿いにあるブルッヘ・ゼーブルッヘ港オランダ語版までは15キロ程度。この港は、ベルギーで2番目の大きさを誇る。ブルッヘまではボードワン運河でつながっている。ゼーブルッヘオランダ語版は、海上のブルッヘ(Brugge aan zee[1])が由来である。イギリスや人口密度の高い工業都市に近く、周辺へのアクセスも容易な地域であるため物流において重要な港である[2][3]。また、2013年平成25年)7月に、日本国名古屋港と友好港提携を調印している。

交通編集

 
ブルッヘ駅と駅前広場

空港編集

最寄りの空港は、オーステンデにあるオステンド・ブルージュ国際空港

鉄道編集

ベルギー国鉄
50A号線
オーストカンプ駅 - ブルッヘ駅 - ファルエナーレ駅
51号線
ブルッヘ駅 - ブルッヘ=シント=ピーテルズ駅
66号線
ブルッヘ駅 - シント=ミッシェルズ駅

道路編集

高速道路編集

港湾編集

  • ブルッヘ・ゼーブルッヘ港

観光編集

 
聖血の行列(Procession du Saint-Sang
 
十字の門
 
市場広場
 
ブルッヘ聖母教会

世界遺産編集

ブルッヘは3種の世界遺産登録物件を抱える都市であり、世界遺産都市機構にも参加している。

文化編集

 
ヤン・ブレイデル・スタジアム

スポーツ編集

サッカー編集

  • クラブ・ブルッヘ(クラブ・ブルージュ)- ブルッヘを本拠地とするサッカークラブチーム。ベルギーの強豪クラブの一つで、2005年にはチャンピオンズリーグに出場した。
  • サークル・ブルッヘ(サークル・ブルージュ) - クラブ・ブルッヘと同じスタジアムを使用しているサッカークラブチーム。リーグ優勝経験もあるベルギーの古豪クラブの一つである。

出身・関連著名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Degraer, Hugo (1968). Repertorium van de pers in West-Vlaanderen 1807-1914. Nauwelaerts, University of Michigan. p. 143. https://books.google.com/books?id=1f7iAAAAMAAJ. 
  2. ^ Wickman, Stephen B. (1986), Belgium, a country study, Volume 1984, Headquarters, Dept. of the Army, p. 199, https://books.google.com/books?id=Ex8uAAAAYAAJ 
  3. ^ World fishing, Volume 40. IPC Industrial Press. p. 15. https://books.google.com/books?id=j6kmAQAAIAAJ. ]

参考文献編集

  • 河原温著 『ブリュージュ フランドルの輝ける宝石』 中公新書、2006年

関連項目編集

外部リンク編集