メインメニューを開く

イシムカデとは、節足動物門多足亜門ムカデ綱イシムカデ目Lithobiomorpha)に含まれるムカデ類の総称である。

イシムカデ
Steinläufer (Lithobius forficatus) 1.jpg
イシムカデの一種
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 多足亜門 Myriapoda
上綱 : ムカデ上綱 Opisthogoneata
: ムカデ綱 Chilopoda
: イシムカデ目 Lithobiomorpha
英名
stone centipede

形態編集

多くの種が大きくても30mmを越える程度。その形態は小さなムカデであり、オオムカデ類の子供と間違われることもある。体は平たく、成体は15対の脚があり、最後の二対が特に長い。改形変態で、体節の上限が15というところが同じムカデ綱のゲジ目と共通している。

イシムカデ目トゲイシムカデ科ゲジムカデEsastigmatobius)という属は、触角や脚が他のイシムカデに比べて長く、ゲジを思わせる。イッスンムカデ科のムカデは名の通り比較的大型となり数十mmになる。特にオオイッスンムカデは50mmに至るとされるが、千葉県内で採集されて記載されて以来採られた記録が無い。

生態編集

浅い土中や朽ち木、枯葉などが堆積した湿った場所に潜む。夜行性だが、日中に土中から姿を見せることもある。肉食性で素早く走り回り、トビムシ等の小動物を捕食するが、自身もまた大型のクモや肉食昆虫、さらにオオムカデといった、より強力な捕食者の餌となっている。特に、一部のオオムカデは本種を専食している場合もある。体が小さいが、ムカデの仲間だけに比較的寿命が長く、数年生きる。

人間との関係編集

オオムカデよりも体が小さく臆病なため、人との接触による害はあまり聞かれないが、人家に潜入したときには不快害虫として扱われている。

オオムカデよりも更に動きが速く、走り出すと捕まえるのが困難になる。希にペットとして販売されるが、体が小さいため、オオムカデの類ほどペット人気は高くない。飼育はオオムカデ類とほぼ同じだが、オオムカデ類ほどスペースを取らないために、オオムカデ類よりも楽だといえる。

参考文献編集

  • 『完璧版 昆虫の写真図鑑』日本ヴォーグ社、2000年、259頁。ISBN 978-4529032674
  • 秋山智隆『毒虫の飼育・繁殖マニュアル』データハウス、2001年、271頁。ISBN 978-4887186170