ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

(せつ、せち、ふし) 多くの場合「節目(ふしめ)」とも言う変化する箇所や時期など。

  • (ふし、せつ)
  • (ふし)
    • 鰹節など魚の身を乾燥させた水産加工品の総称のついての略。→節類鰹節#その他の節も参照)
    • 波の振動が最小またはとなる位置や時刻の境目(さかいめ)。
    • 曲節、旋律。→メロディ
  • (せち) - 季節の事。
  • (ノット) - 日本で船舶の速度を表すノットの当て字に用いる。
  • (よ)- などのと節との間(あいだ)。または、