メインメニューを開く

イジャスラフ・ウラジミロヴィチ (プロンスク公)

イジャスラフ・ウラジミロヴィチロシア語: Изяслав Владимирович、? - 1217年)はプロンスク公ウラジーミルの子である。プロンスク公:1207年。

イジャスラフの兄弟のグレプオレグキエフ大公フセヴォロド3世に讒言し、おじのロマン(ru)、スヴャトスラフ(ru)、いとこのイングヴァリ(ru)ユーリーを投獄した。プロンスク公ミハイルチェルニゴフへ脱出したため、イジャスラフはプロンスクの防衛を担ったが果たせず、プロンスク公位にはオレグが就いた。

1208年から1209年にかけての冬に、イジャスラフとミハイルはウラジーミル大公国を侵略したが、モスクワ付近でユーリーの率いるウラジーミル・スズダリ公国軍に敗れた。

1217年、イジャスラフはイサドィ諸公会議[注 1]において殺害された。イジャスラフの家族・子孫に関しては不明である。

注釈編集

  1. ^ 開催地についてはイサドィを、「諸公会議」についてはru:Съезды русских князейを参照。

参考文献編集