ユーリー・イゴレヴィチ

ユーリー・イゴレヴィチロシア語: Юрий Игоревич、? - 1237年12月21日)はリャザン公国の公イーゴリアグラフェナとの間の子である。リャザン大公1235年 - 1237年

生涯編集

1207年、親族の讒言によって、兄のイングヴァリ(ru)らと共にウラジーミル大公国の大公フセヴォロドに捕縛された。1212年にフセヴォロドが死ぬと、その子のユーリーによって釈放された。1235年の兄のイングヴァリの死後、リャザン公国を領有した。

1237年モンゴルのルーシ侵攻が始まると、ウラジーミル大公ユーリー(上記のユーリー)、チェルニゴフ公ミハイルの元へ援軍を送った。『バツのリャザン襲撃の物語』によれば、ユーリーの子のフョードル(ru)が、モンゴル帝国軍の総司令官バトゥとの和平交渉の席で殺害された後[1]、ユーリーは甥(兄イングヴァリの子)のオレグ(ru)ロマン兄弟や、ムーロム公[2]ユーリーらを率いてヴォロネジ川へと軍を進めた。ヴォロネジ川の戦いでユーリーらは大敗するが、同時にモンゴル軍にも多大な被害を与えた[3]。さらにモンゴル帝国軍はリャザンへと進軍し、リャザン防衛戦に突入した。1237年12月21日にリャザンは陥落し、ユーリもまた死亡した[注 1]

なお、『バツのリャザン襲撃の物語』では、ユーリー・インゴレヴィチ(イングヴァリの子の意)と記述されている[5]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『バツのリャザン襲撃の物語』では、ユーリーはヴォロネジ川の戦いで戦死したと記述されている[4]

出典編集

  1. ^ 中村喜和『ロシア中世物語集』p225
  2. ^ Новгородская летопись
  3. ^ 中村喜和『ロシア中世物語集』p227-p228
  4. ^ 中村喜和『ロシア中世物語集』p227
  5. ^ 中村喜和『ロシア中世物語集』p224

参考文献編集

  • 中村喜和訳『バツのリャザン襲撃の物語』 // 『ロシア中世物語集』筑摩書房、1985年。