イノセントワールド

イノセントワールド』は、1998年日本映画1998年10月3日日本公開。

桜井亜美のベストセラー小説『イノセント ワールド』を映画化した作品。主演は安藤政信竹内結子。竹内にとっては映画初主演であった。安藤は知的障害者役を演じた。ロケは主に1997年夏に青森県竜飛岬で行われた。

あらすじ編集

体外受精で生まれた女子高生・アミ(竹内)は精子ドナーを探すため、知的障害者の兄・タクヤ(安藤)と旅に出る。辿り着いたのは医者の高森(豊原功輔)とその妻・啓子(伊藤かずえ)が営む診療所。そこで4人の奇妙な共同生活が始まり…。

スタッフ編集

キャスト編集

主題歌編集

  • 竹内結子「ただ風は吹くから」(作詞:水野幸代Yukiyo Mizuno、作曲:日向敏文、ポニーキャニオン、1998年)